柔ロコモトレーニングジム
慢性疼痛専門療術院
みずきが丘整骨院

当施設長の濵中俊亘です。
令和2年6月で、開業して20周年となります。荏田南で19年間地域に密着し、建物の老朽化で都筑区東山田に移転してきました。
臨床経験は整形外科を始め26年となります。
体の不調を訴える方の研究を重ねた結果、足裏👣〜背骨の歪み心の問題にこそアプローチして
自然治癒力を高める事と体の正しい使い方をするリハビリトレーニングをすれば心身共に元気になる事がわかりました。
これからも皆様の笑顔を見たい一心です。
体のお悩みで当施設院をご利用していただけたら幸いです。
ゼロ磁場機器
 045-534-5910
お問い合わせ

写真

特定周波数電子治療

67c0e0596ee33baa111eefbbf65187fb.jpg

特定周波数電子治療

4つの基本特徴

特定周波数治療には以下のような4つの基本的な特徴があります。初めての方は、ぜひお読みください。

 安全性、   簡易性、  常備性、  信頼性

1 安全性 

電子的周波数発生装置です。使い道はさまざまです。電気は専用の変圧器により非常に低電圧にし、微弱な電流を用いますので、まったく安全です。そもそも究極ザッパーの作用の本質は電圧や電流ではなく、特定周波数治療機器が発生させる独特な周波数と波形です。その電子的パルスを発生させる電圧・電流はごくわずかで足ります。そして、そのレンジ(帯域)は、実験用マウスの身体に損傷やショックを与えるレベルの電圧・電流・周波数帯からもはるかに隔たっています。究極ザッパーによる被害、障害、電気ショック、電気事故といった報告は皆無です。

逆に、一般の医薬品がどれだけ危険かお考えください。薬はどれも身体にとっては化学的な異物ですが、体内で吸収され、実態のつかめないさまざまな副作用を引き起こします。経口薬も注射も軟膏もそうです。しかし、特定周波数治療機器の場合、ザッピングをしたあとに体内には何も残りません。電子的パルスが通過するだけです。いっぽう薬は体内にいろいろなものを残し、その一部は物理的に蓄積します。

なお、医薬品と究極ザッパーの併用ということもあるかもしれませんが、まったく問題ありません。もちろんハーブ療法、放射線療法、ホメオパシー等々さまざまな療法とぶつかることなく、平行、併用して利用できます。競合、衝突しないどころか、むしろ相手の効果を高めすぎることもあるので注意が必要なくらいです(下記の電気的透過作用を参照)。これは上手に使えば大きなメリットになります。ただ、特定周波数治療機器は、一般の人々の頭を支配している ”薬のパラダイム” とはかなり異質なものです。

”薬の神話” に染脳されているひとほど、薬を飲む(体内にケミカルな異物を摂取する)ということには何の抵抗も持たないものです。冷静に考えればこんなに危険なことはないはずです。そして、体に何も入れない特定周波数治療機器のほうをむしろ危険なものではないかと疑います(電気?ビリッて感電死するんじゃないの?)。

実は製薬業界にとっては、たしかに究極ザッパーは自分たちの存在を脅かす潜在的に ”危険” な存在であるかもしれません。”薬による治療”というビジネスモデルは、製薬会社が薬を生産し、病人・消費者がそれらを絶え間なく消費することで成立します。本当かどうかはわかりませんが、究極ザッパーが家庭に1台あれば、多くの薬の購入・消費が不要になるとまで言うひともいます。実際アメリカではFDAによって一部のザッパー製造業者が弾圧されています(ご存知のように、FDAの幹部の多くは製薬会社などの大企業の天下りです)。ちなみに特定周波数治療機器はカナダで製造されています。アメリカでしたら、とうに潰されていたでしょう。

 

1