柔ロコモトレーニングジム
慢性疼痛専門療術院
みずきが丘整骨院

当施設長の濵中俊亘です。
令和2年6月で、開業して20周年となります。荏田南で19年間地域に密着し、建物の老朽化で都筑区東山田に移転してきました。
臨床経験は整形外科を始め26年となります。
体の不調を訴える方の研究を重ねた結果、足裏👣〜背骨の歪み心の問題にこそアプローチして
自然治癒力を高める事と体の正しい使い方をするリハビリトレーニングをすれば心身共に元気になる事がわかりました。
これからも皆様の笑顔を見たい一心です。
体のお悩みで当施設院をご利用していただけたら幸いです。
ゼロ磁場機器
 045-534-5910
お問い合わせ

インフォメーション

2019 / 12 / 29  09:21

ロコモティブ症候群とは

saru.jpg

ロコモティブ症候群とは?saru6.jpg

これもサルコぺニア症候群と同じでこの2つの症候群は同等と考えてサルコぺニア症候群よりも重くなるということです

更にその上が廃用性症候群となります。

従がって若い時分の時の身体の不調,特に痛みやコリや肩凝りや腰痛や関節痛などで整形外科接骨院整骨院整体院

鍼灸院に通院しても筋力柔らかい体を重要視しないと!いずれ身体が衰えて代謝が落ちて筋量も減少して毎日同じカロリー

をとっても代謝が落ちる=筋量が落ちるため太り!男性は洋ナシ型体系になり腰痛が発生しやくすなり!女性はリンゴ体系になり

関節痛になりひざ痛腰痛股関節痛になっていくのです。若い時分の時はこれに気が付かない人が90パーセントです。

そして身体が痛くなったり、凝ったりした時に対処療法を何年にも亘って通院して結果無駄な医療費を使うのです。しかも年齢がいけば

いくほど痛みや不調が増えて院めぐりになるのです。イチロー氏は現役時代からこれに気が付いていましたから、怪我がなかったのです。itiro-6.jpg

2019 / 12 / 29  09:13

柔ロコモトレーニングの重要性

saru2.jpg

柔トレーニングジムでの柔トレーニングの重要性とは?写真 003.jpg

サルコぺニア症候群対策で特に現代人は最新機器類に囲まれて退化の

一途をたどっています。生活習慣病と非常に絡んでおり、筋力不足や体の柔軟性の低下が原因と言われているのが

このサルコぺニア症候群です。

 

2019 / 12 / 29  07:34

2020年1月7日にプレオープンいたします!

来年よりプレオープン開院いたします。

当施設長の濵中です。来年1月7日(火)より当施設をプレオープンいたします。

柔ロコモトレーニングの事を詳しく聞きたい方や1回無料体験をご希望の方はメールdedlift88@yahoo.co.jpにて受け付けております。また℡534-5910にてご予約下さい。尚予約中はすぐには回答できませんのでご了承ください。

慢性疼痛専門療術院も詳しく知りたい方もメールや℡534-5911にてご相談ください。尚予約施術中はすぐには回答できませんのでご了承ください。

みずきが丘整骨院も詳しく知りたい方もメール℡534-5911にてご相談ください。尚予約施術中はすぐには回答できませんのでご了承ください。

1月5日よりご℡等は相談下さい。メールの方はメールを残してください。

※プレオープンとは?

プレオープンとは体験会を中心にしており、ご料金は当施設をにご入会した場合のみ金額が発生いたします。

体験会は主に柔ロコモトレーニング体の歪みチェックです。1回無料です。入会もその場でできます。1ヶ月単位、3ヶ月単位、1年間単位となります。

怪我等はすぐにご予約してから受付します。

慢性疼痛専門療術院のご相談もどうぞご予約にて相談を受けます。施術しない場合はご料金は発生いたしません。

 

 

 

 

 

1