柔ロコモトレーニングジム
慢性疼痛専門療術院
みずきが丘整骨院

当施設長の濵中俊亘です。
令和2年6月で、開業して20周年となります。荏田南で19年間地域に密着し、建物の老朽化で都筑区東山田に移転してきました。
臨床経験は整形外科を始め26年となります。
体の不調を訴える方の研究を重ねた結果、足裏👣〜背骨の歪み心の問題にこそアプローチして
自然治癒力を高める事と体の正しい使い方をするリハビリトレーニングをすれば心身共に元気になる事がわかりました。
これからも皆様の笑顔を見たい一心です。
体のお悩みで当施設院をご利用していただけたら幸いです。
ゼロ磁場機器
 045-534-5910
お問い合わせ

インフォメーション

2020 / 05 / 29  22:34

※当施設院長の過去の病気

DSC_0462~2.JPG

当施設院長の過去の病気とは?!

皆様!当施設院長も決して健康ではなかったのであります!

しかしながら…開業して20年間当施設院を休診及び休館した事がないのは、唯一無二の私の自慢ですwwwどんなに喘息の発作があってもです!

さて、私の病気の話です!

幼少期から風邪や自家中毒(ケトン性嘔吐症)に羅漢したり、インフルエンザ、中耳炎、外耳炎、虫歯(アルガマム銀歯)、外傷性(頭〜足先まで縫う位の怪我)、頭痛、めまい、脱臼(亜脱臼肩関節)、骨折(肋骨、足首、疲労骨折)打撲(数え切れない)、挫傷(肉離れで首、背中、腰、太もも、ふくらはぎ、)、捻挫(首、肩関節、背中、腰、股関節、肘、指、膝、足首、足指)刺し傷、噛まれ傷(飼い犬、救急病院ヘ直行顔が……)交通事故(自転車乗ってて衝突事故)

食中毒、急性胃腸炎、ぎっくり腰、坐骨神経痛、尿管結石、脂漏性湿疹、蕁麻疹、しもやけ、フケ症、気管支喘息

以上です!

どうですか?かなり多いと重いませんか?www当然薬も塗りたくり、薬も飲まくりでした〜

さて!私の羅漢した病気でベスト5の辛かった病気は

第5位脂漏性湿疹(痒い)

第4位食中毒(痛い!)

第3位急性胃腸炎(かなり痛い)

第2位ぎっくり腰(この世の終わり位辛い)

第1位気管支喘息(発作が起きたらもうヤバい!死ぬ!苦しい)

番外編は疲労骨折(寝れない位痛い)

まぁベスト5は寝れないし、辛いですね

皆様の苦しみは私は知っています!

ですから!お悩みも共感出来ます。 

自然治癒力を信じて頑張りましょう

皆様の笑顔が全てです。

2020 / 05 / 28  21:20

DRT療法で、アトピー性皮膚炎が劇的な改善例

報告します。アトピー性皮膚炎が劇的な回復をします。

o1077076014224369033.jpg

治療開始

o0561051114224202420.jpg

かなり酷い状態です!

o1011079814224369123.jpg治療5ヶ月後

o0457049114224278269.jpg

これがDRT療法です!

勿論食生活やステロイド剤は避けてもらいます!

甘い砂糖も極力🚫禁止です。

 

2020 / 05 / 27  13:03

医食同源

DSC_0473.JPG

DSC_0447.JPG

私は基本的には1日1食であり、たまに2食と間食にナッツやオートミールや果物を食す位であり、外食はたまに行きます。)

バーベル🏋️ウエイトトレーニングは一切しておりません。何故ならば体が硬くなるから!        当施設院の都筑区東山田で唯一無二の体が柔らかくなる柔ロコモトレーニングだけをしています。今の所、体の調子は良いですよwww

さて、よくクライアント様からどんな食事を食べてますか?(家族や私自身)と質問を受けますが、まずは基本的には砂糖は避けます!一切取らないわけではありませんが、なるべく避けています。炎症が起きますから!あなたや家族がアレルギーや慢性的疾患や難病ならば、砂糖はかなりあなたや家族にとって「毒」となります。この思考は私にとっては基本中の基本なので、何故砂糖が炎症を起こすか?ご割愛下さい。って自分自身で調べてくださいね🐭

上記の本はかなり良書です。まぁ1%の方々しか理解や読まないでしょうが!99%の方が興味ないし、今は健康だから!ですが!恐らくは、あなたやご家族の慢性的病気の方がいたり、後に起こり、その後は治らないのですが……薬物と何時までも仲良く!副作用の恐ろしさも知らず!

そもそも江戸時代にはアレルギーや癌や膠原病等は皆無でありらい病も皆無であった。何故か明治維新後に、これらの病気が増えて、今は江戸時代よりも悪化の一途をたどっており、今の日本の衛生面も非常に!良いはずなのに……

江戸時代をよく取り上げますが、長生きだから健康とは言っておりません。ピンピンコロリが健康的な死に方だと思います!   江戸時代にはピンピンコロリが多数でした。

明治維新後に日本人の食生活は西洋化して!戦後に完全に西洋化しました。その背景から急速に 日本人はアレルギーや膠原病や癌や難病が増加したと言っても過言ではありません!

食は非常に難しい?いえ!ソレはあなたの先祖代々の食を守れば、少なくともアレルギーや癌や難病には羅漢しないでしょう!先祖代々から受け継がれているので、あなたが存在しています。もし不妊症や子に恵まれない体であれば、先天性等と言い訳出来ません!あなたや相手の方が先祖代々から生まれて来ていますから!もし不妊症や子に恵まれない体になったのは、あなたや相手に何らかの原因が必ずやあります。その原因は様々ですが、一つには「食」も関係していると言えます。

先祖代々の食を守れていない!余りにもかけ離れた食であったならば、あなたの体はおかしくなっていき、そのまま引き続きその次の世代にも影響を与えるという発想がありますか?

発想がないならば!正直結婚するべきではありません!あなたが子供に教える事は、学校の勉強ではありません!「食」だと先ずは生きていかねばならない!大事な「食」です!

この「食」が今の日本人は戦後特に変わった!こんなに変わった民族は珍しい位でしょう!だからこそ!今の日本人は体が不健康な方々が多数いるのですが!

まぁこの手の話をしても、今の人々は99%「ふ〜ん」「難しいなぁ〜」「いちいち」「無理です!」とか言い訳をする!だから体調を崩して、病気と仲良く石油(薬)を飲んだり、塗ったりするのでしょうが!ピンピンコロリとは逝かないのです。

そして!マスメディアの影響で、テレビ📺番組のマネをして、鵜呑みにして、しかしながら…あなたは不調であり、元気がないのですが…!!マスメディアでは「バナナ」が良い!「ココア」が良い!「玉ねぎ」が良い!しか放送しないのですが、お馬鹿な人々が飛びついて、スーパーからなくなったりします。しかしながら…あなたはイマイチ健康にはなれない!

「食」の基本的な事は「身土不二」「地場自産」です。先祖代々の食を受け継ぐ事です。「薬物」ではありません。

また「食」の基本的な事は、人体の構成している体の仕組みを知る事です!これを知っていないからこそ99%の方々が不健康になり、ピンピンコロリが出来なくなっていますが!

人体の構成は自分自身で調べて下さいね!知ると「炭水化物」は必要無いことが理解できて、水分を何故?取らなければならないか!がわかります!

あなたの先祖代々の方で、もし誰かが慢性疾患や難病や薬物を毎日のように使用していたら!そのご先祖様は間違った事を!していた!事になりますから、マネを!してはいけません!

先祖代々に難病や慢性的疾患があったならば、あなたは、「解毒」をしていかなければなりません!あなたが若ければ若い程!

例えばあなたの歯の詰め物にアルガマム(銀歯)があれば、除去!するか、一生「解毒」しなければ、あなたの体やその子にかなり悪い影響を与えるという発想がなければいけません!このような発想は勿論99%知らない人がいますが!1%だけの人が知っているのが現状です。

このように考えると!あなたの体が若い時分で不健康であればある程、あなたや、その子孫まで影響を与えると認識しなければ、あなたの子孫は益々病気になっていくと言えるでしょう!勿論1%の方しかこの発想はないでしょうが……今が!良ければ良い(まぁ大抵は体の不調がある)の思考ですから、幾ら私がアドバイスしたとしても99%の方は理解出来ずに、継続できない!院巡りをして、結局は不健康な最後を遂げますが!1%の方だけは、どんどん健康になっていきます。

「食」は全然難しい事はありませんが、基本的な事を知らな過ぎるから、体の不調が増えて、年齢のせいにして、二人に1人癌になり、アレルギーになり、難病になり!認知症にもなるのでしょうし、コロナ!にも羅漢するのでしょう!

上記の良書はかなり良い事を書いています。まぁ1%の方しか理解や購入しませんが!

最後に!私!当施設院長も今現在45歳ですが、数々の病気を患っていて、近い内に書きますが、今は一応元気です。

 

 

 

2020 / 05 / 25  08:59

繰り返し繰り返し

DSC_0462~2.JPG

この良書は全ての方に読んで欲しい書籍ですが、医療洗脳された99%の方は全くご興味がないと思います。

しかしながらその99%の方々は年齢が重ねる程、薬物が増えて、体の不調が増えて、病気になっていく!体のエネルギーがどんどん低下して、歳のせい!と医療洗脳されていくのです。

コーカサス地方の人々は、90歳〜100歳の方々が非常に元気で野山を登り仕事も現役です。勿論薬物などには縁がありません。認知症は勿論皆無。伝統的な発酵食品を脈々と受け継いでいるそうです!

今現在日本人の食品はめちゃくちゃな食生活です。体も動かさない日常生活で、江戸時代の人々のエネルギー消費量と比べると3分の1らしいです。当然太りやすくなり、生活習慣病が増加します。姿勢も猫背が増えています。

洗脳医療とは、現に日本人は癌は先進国でも鰻登り、認知症も鰻登り、アレルギーも鰻登り、薬物摂取率も鰻登り、体の不調を訴える人々と鰻登り

コロナウィルスよりも、年間肺炎や結核やインフルエンザで亡くなる方が多いです。

上の良書は私は擦り切れる程読み返しております。

歳を取ったから病気になる!と洗脳された教えは私は嘘だと訴えても99%の人々が否定しますが、1%の人々だけが気付いて、良い事を継続すれば!どんどん体は元気になっていきます。

DSC_0446.JPG

 

2020 / 05 / 24  18:33

今の内に体を健康にしないと!老後は……

568e22289fc2c84a7031a6fdfe3418ed.jpg

現代人は今このような姿勢になりつつありますが、幾ら私が!啓蒙しても1%の方だけが!聴いて意識してくれますが、0,5%の方だけが、こうならないように努力してくれるだけです!

さて本日のYahooニュース〜抜粋

親の介護は誰にも起こり得る。費用の目安はどのくらい?

LIMO

  

写真:LIMO [リーモ]

一昔前の親と同居というスタイルは減り、核家族や単独世帯が主流になっています。実際、政府の統計によると、三世代世帯の割合は1986年の15.3%から2016年には5.9%にまで減少しています※。

親が心配でも、離れて暮らしている場合は親の身の回りの世話をするのは物理的に難しいことです。「せめて連絡は頻繁にしたい!」と思っていても、ついつい後回しにして長期間連絡できていない状態が続いてしまうこともあるでしょう。もし、自分の親に介護が必要になったらどうするかは決めていますか? 

※「グラフで見る世帯の状況 平成30年 国民生活基礎調査(平成28年)の結果から」(厚生労働省)

親が心配、でも実際に対策をしている人は?

セコム株式会社では2020年3月、70歳以上の親と離れて暮らす全国の40代・50代の男女500人を対象に実施した「親の見守りについての調査」の結果を発表しています。

まず、親の世帯構成を聞いた結果を見ると、「夫婦二人」が44.8%、「独居」が26.0%で、親だけで暮らす世帯が約7割。また、親に会う頻度は、年1回以下が36.2%、年2、3回が32.0%となっています。

また、離れて暮らす高齢の親について心配や気がかりなことがあるかを質問したところ、80.2%の人が「ある」と回答。具体的な心配事については、「病気やケガ・熱中症などの健康面」という回答が94.0%で、2位の「地震・台風などの自然災害時」の41.4%に大きく水を開けています(複数回答)。

一方、親の様子や安否の確認のために意識して行なっていることがあるという人は38.2%と4割弱。離れて暮らす親を心配に思っている人が約8割であるのに対し、実際に対策をしている人は半数以下という結果でした。

親の様子や安否の確認のために意識して行っていることが「ある」と回答した人に具体的な行動を挙げてもらったところ、最も多いのが「定期的に電話している」の81.2%、次いで「LINEやメールなどでやりとりしている」(36.6%)、「近所の人にもしものときの対応を頼んでいる」(16.2%)となっています。

介護が必要になる可能性にも備えるべき?

上記の調査では、親の健康面を心配する人がダントツに多いことがわかりますが、高齢になれば介護が必要になる場合もあります。介護状態に陥った時には支援が必要になりますが、どのような原因で要介護者認定になるのでしょうか。

 介護が必要になる原因

厚生労働省「平成28年(2016年)国民生活基礎調査の概況」によると、要介護者全体での原因は以下の通りとなっています。

第1位: 認知症(24.8%)
第2位: 脳血管疾患(脳卒中)(18.4%)
第3位: 高齢による衰弱(12.1%)
第4位: 骨折・転倒(10.1%)
第5位: 関節疾患(7.0%)
第6位: 心疾患(心臓病)(3.8%)
第7位: パーキンソン病(3.4%)
第8位: 悪性新生物(がん)(2.7%)
第9位: 糖尿病(2.4%)
第10位: 呼吸器疾患(2.3%)
第11位: 脊髄損傷(2.2%)
第12位: 視覚・聴覚障害(1.0%)
第13位: わからない(0.8%)
第14位: 不詳(0.7%)
第15位: その他(7.7%)

※順位:原因(全体での比率)として表記。なお、「その他」は当記事では一番下に記載。

このように、認知症が原因で要介護となる人は全体の4分の1となっています。身体は元気でも物忘れが激しくなったり、判断力が鈍くなったりと、介護レベルが上がれば一人で生活するのは困難です。また、脳血管疾患も約2割という割合を占めており、病気により体が不自由になるケースも少なくありません。

 介護期間や費用の平均はどのくらいか

介護にかかる費用は、要介護の状態、どこで介護を受けるか、住宅の環境はどうかなどによって、また家庭の事情によっても様々ですが、一つの目安として公益財団法人 生命保険文化センターが行った調査(「生命保険に関する全国実態調査 平成30年度」)があります。

同調査では、過去3年間に介護経験がある人に介護を行った期間を聞いています。すると、介護を行った期間(現在介護を行っている人は、介護を始めてからの経過期間)は平均54.5カ月(4年7カ月)で、4年以上介護した割合は4割超となっています。

また、介護にかかった費用(公的介護保険サービスの自己負担費用を含む)は、住宅の改造や介護用ベッド購入などの一時費用の合計が平均69万円、月々の費用が平均7万8000円となっています。これを先ほどの平均期間にあてはめると、7万8000円 x 54.5カ月 + 69万円 = 494万1000円。ざっくり約500万円という計算です。

おわりに

離れて暮らす親が心配でも、頻繁に帰省ができないという人も少なくないでしょう。できるかぎり電話やメールなどで定期的に連絡を取り、親の変化に早めに気がつけるようにしたいものです。

また、親の介護のために仕事を辞めたり、休職しなければいけない可能性も考えられます。介護施設を利用する場合には、そのための金銭的負担をどうするかという問題もあります。健康でいてもらうのが一番ですが、万が一の場合にどうするか、あらかじめ親や兄弟姉妹などの親族と相談しておいた方が良さそうです。

 

自分自身は大丈夫だろう!誰もが自身があります。

しかしながら…私の臨床経験上「まさか自分自身がこのような!不健康になるとは!思ってもなかった!若い時分から予防しとけば…」

このような方々が身体が痛い、難病になる!と当施設院に来院します。

 

人は!何時までもその時の状況だけに囚われます。今が良ければ良い!

 

私は医療従事者として!数々のクライアント様を診てきましたが、やはり自分自身お金も本当に大切ですが!やはり体の健康が一番大切だと思います。

 

先の介護問題はもう既に現実になっています!

親が子供の面倒は見るのは当たり前、子供が親の介護をするのも当たり前、確かに当たり前ですが!やはり!なるべく自分自身が元気で健康になる努力をする事こそが今の忙しい現代人にとって必須ではないかと思います。

日々生活習慣を心がけて、薬に頼らない!身体作りを心がけていく事が大切かと思います!

 

今日も病院に連れて行かなければならない!

認知の親を!診るのは非常に大変です。

認知症になる原因は様々ですが、筋力の低下とも繋がりがあります。

 

何時までも柔らかい体作りと、土台をしっかりすると転倒しないので、足裏👣も鍛えて体の歪みを整えれば!体は元気になってきます。免疫力も上がります!

1%の方々だけしか気づきませんが!

当施設院では1%の方のみが!元気になっていき、99%の方々が後悔する日々を送っていくのです。そして!間違った体のアプローチをしていきます。

 

当施設院では100%のかに気づいてほしいですが!本当に気づいてくれる方はたったの1%の方々だけです!残念ですが!

1 2 3 4 5 6 7