インフォメーション

2020-03-29 15:53:00

信じるか信じないかはあなた次第!

医学誌ランセットの臨床記録で「中国湖北省の病院では新型コロナウイルス患者のほぼすべてが《中国伝統漢方だけで完治》していた」ことが判明。そして、アイスランドの研究者が、さらに「40の突然変異」を発見

今やこのような事態に嘘やデマや煽りは当たり前の様になっておりますが、医学雑誌ランセットは信用出来ます。

そもそも西洋医学では「風邪」すら治せない!事をあなたは知っていますか?山中伸弥教授でさえ!風邪を治すことは出来ないのです!「伝統医学」は西洋医学の影となっておりますが!今こそ!伝統医学を見直す時かもしれません!「ツムラの漢方薬は真の漢方薬ではありませんので!」

当施設院では「柔ロコモトレーニング」「背骨揺らしDRT」「水素温熱電子療法」「特定周波数電子治療」「漢方茶療法」などでクライアント様の自然治癒力を高める事、免疫力を上げる事、デトックスを軸に日々クライアント様と接しています。

少なくとも来院されているクライアント様の皆様は元気です♫私も家族も!日々のコロナVIRUSに臆する事なく!「錬金術」を使用して!上記⬆

えっ!元気なのに何故来るのか? はじめは皆様元気ではないから!来ています!「予防」です!「元気になるから!」来ています。「痛み」「不調」は交感神経を高める事になります。結果「免疫力」が下がります。オリーブオイル大国やパスタ国や🍞大国のイタリアやフランスの状況を見れば一目瞭然、日々の「免疫力」が関係していると当方は感じます。因みに抗生物質摂取やサプリも多い国でもあります。

以下はこんな記事です。

新型コロナ対策として1月27日から約4000人の社員の在宅勤務に踏み切ったGMOインターネットグループは1カ月以上経過した3月4~5日に実施したアンケート調査を公表している(3月16日)。

 それによると、通勤負担の軽減などのメリットはあったものの、デメリットが目立った。

 たとえば「腰痛など身体的負担、運動不足、精神的な負担」や「業務効率が低下、時間管理が難しい」という声が上がっている。また「同僚・他部署パートナーとの意思疎通が難しい」といった在宅ゆえのコミュニケーション不足も指摘されている。

今や普通の「スポーツジム」はコロナVIRUSによりかなりの危険度となっております!当方は「スポーツジム」のやり方に問題があると見ています。「ウエイトトレーニング」「ウエイトトレーニングマシン」「エアロビ」「ホットヨガスタジオ」これらをやった事のある人ならばわかりますが!かなりキツイのです。阪神の藤浪晋太郎選手らがコロナVIRUSに陽性になった理由もそもそも免疫力か下がっているからです!毎日運動「ウエイトトレーニング」をしているにも拘わらず!

ウエイトトレーニングはやり方次第では身体を痛める原因や怪我をする原因となります!スクワットにしても!膝の位置、股関節の位置、👣の角度、その人の体型により何十通りのやり方があります。大抵の方が「間違った」やり方なので!膝を痛めたり!腰を痛めたり!首を痛めたり!9🈹の方が間違っていると思います。更には指導するパーソナルトレーナーもスクワットが分かっていません。私はボディビルダーでも好成績、パワーリフティングでも好成績を残していますから!その変のパーソナルトレーナーよりも理解しているつもりです。

当施設院ではコロナVIRUS対策をしています!クライアント様の重なりが無いこと!

そして全来院者には「特定周波数電子治療」をしてもらう事としています。

今までの常識が通用しない世界感になっている中で!当施設院は既に「錬金術」上記のような事をしていました!もはや信じるか信じないかは!あなた次第ですが! 「免疫力」を如何に上げるかが個人や家族を守る事が出来ると思っています。

信じるか信じないかはあなた次第!