インフォメーション

2020-11-28 09:06:00

最近は筋肉マンが流行りらしいが…

ヤフーニュース〜抜粋

イチロー氏「球が速くなっちゃった」引退してなお進化 投手の練習も

やはりストイックだ。現役引退時もトレーニングを続けていく考えを示していたイチロー氏が体を鍛えている現在の様子を紹介した。「現役の時よりキツいですね。トレーニングは。(自身)どうなるかを見てみたい」と意図を説明する。  衰えるどころか、47歳にして進化していた。「球が速くなっちゃたんです。ピッチャーの練習もしてるんですけど」。大事なのはトレーニングと共に体の使い方。「研究といっては大げさですけど、自分の体を使って実験している状態」と、現役時代さながらの貪欲な姿勢を見せた。  イチロー氏といえば、引退後に草野球でプレーし話題を呼んだ。2019年12月には、ほっともっとフィールド神戸で智弁和歌山中・高の教職員チーム相手に軟式球で対戦。知人らと結成した草野球チームで先発マウンドに登り無四球完封を披露していた。  日本に滞在していた今夏は都内でランニングしてたという。「皇居に走りに行ったんですよ」とイチロー氏。周囲の市民ランナーに気付かれそうだが「夜中の11時半なので誰もいないんです」と話した。

以上です。

流石ですね!ところであなたは下記の写真の動作ができますか?

DSC_0919~2.JPG

もし!できなければあなたの身体は既におかしいのですよ!

指が曲がらない!ありえないでしょ!!関節可動域といって本来の関節には動かせる範囲があります!極端な例ではオムツを変えられない赤ちゃん👶何か居ませんよね!?股関節が開かない赤ちゃん👶なんて居ません!

股関節が硬くなっていくのは「使わないから」です。「私は体が硬いからね!」はあなたは「嘘つき」です。体を!使わないから硬くなるのですよ!

ウエイトトレーニングでバキバキの体になっても怪我をしたり、パフォーマンスが落ちたりするのは何故か?あんなに鍛えているスポーツ選手が怪我をするのは何故か?逆にダルビッシュ有選手やイチロー氏が怪我をしないのは何故か?

ソレは関節可動域を意識したトレーニングをしているか?いないかの違いです!大抵の方が見た目を気にします。特に筋肉マンのデコボコの体に!あんなふうになりたいと!そしてジムに行き目指す身体はムキムキマン😁

プロテイン飲んでバーベルトレーニングやダンベルトレーニングやマシーントレーニングに励むのです!大抵の方は挫折します。筋肉がつかないからです。

しかしながら、結果が現れる方もいます!それなのに!肩や腰や膝や肘や股関節を痛めて体の不調を訴える方がいます。それこそが「筋肉バカ」なのです。可動域を無視したトレーニングの結果なのですから!無知なあなたは体が不調になるまで気がつない!だから無知なのです!😁イチロー氏やダルビッシュ有選手のトレーニングは「初動負荷トレーニング」をしています。イチロー氏は現在もしています。

このトレーニングとウエイトトレーニングを合わせたトレーニングこそが「柔ロコモ・リハ・トレーニング」=動体トレーニングです。柔らかいしなやかな力強い体が手に入るトレーニング

横浜市都筑区東山田で日本で唯一無二のウエイトトレーニングの利点と初動負荷トレーニングをドッキングした特別トレーニングです。あなたはまだ!普通のトレーニングで、どんどん体が硬くなるのですよ!イチロー氏のトレーニングは巨人の坂本勇人選手や菅野智之選手や中日ドラゴンズの大島選手も取り入れています。DSC_0643.JPG

 

 

 

 

 

     

 

 

 

 

 

 

2020-11-22 12:16:00

地道な道が最短!

ドゥダスさんはアマチュアのボディービル大会「ミスター・ニュージーランド」で4度優勝している。直近では、2015年に60歳で勝利した。

年齢に関係なく、健康を維持するためのドゥダスさんのアドバイスは、生の野菜と果物をたくさん食べて、有酸素運動の代わりにウェイトリフティングをし、それをジムでやり過ぎないことだ。

ドゥサン・ドゥダスさんは年齢を聞かれることに慣れている。ビーチに行くと(ニュージーランドでパーソナル・トレーナーをしているドゥダスさんは海によく行く)周りからしばしば、何歳なのか、どうやって健康を維持しているのか尋ねられる。

「65歳だと言っても、みんな信じないんだ」とドゥダスさんはInsiderに語った。

「今でも運動をしているし、体型も維持してる。文句は言えないね」

彼の素晴らしい体格の秘訣も多くの人々を驚かせている ── 生の野菜と果物をたくさん食べるビーガンなのだ。

「人は一番良いタンパク質は肉や乳製品からしか取れないと考えているけれど、1つ重要なことを忘れている」とドゥダスさんは言う。

「植物しか食べないゴリラやゾウが地球上で最も強い動物に入るなら、どうしてぼくらはそうなれないんだ?」

もともとスロバキア出身のドゥダスさんは1994年、ニュージーランドに移住し、アマチュアのボディービル大会で大成功した。「ミスター・ニュージーランド」でも4度優勝し、直近では2015年に60歳で勝利している。

現在、ボディービルディングからは引退しているが、パーソナル・トレーナーや栄養士として活動している。彼の強くて健康的なからだを見習いたいと思う人は多く、クライアントは途切れることがない。 

自身の成功の秘訣は、新鮮な野菜や果物をたくさん食べ、有酸素運動の代わりにウェイトリフティングをし、トレーニングをやり過ぎないことだと、ドゥダスさんは語る。

健康上の不安からビーガンに

ドゥダスさんは常に健康だったわけではない。52歳の頃、突然倒れたのをきっかけに植物中心の食生活に切り替えた。医師からは高コレステロール、高血圧と診断され、心疾患の家系であることからリスク管理のために投薬が必要だと言われた。

すると、ドゥダスさんの妻はこれまでとは違う食生活を試してみるよう勧め、ビーガンの健康上のメリットについて書かれた本を渡した。興味をそそられたドゥダスさんは早速、関連本を読み漁り、専門家のアドバイスに文字通り従った。

「ぼくは一夜にしてビーガンになったんだ。それから3週間、新鮮な野菜しか食べなかった」とドゥダスさんは当時を振り返った。

「そのあと医者に会いに行ったら、彼は卒倒しかけた。あまりにもぼくの状態が良くて、信じられなかったんだ」

以来、ドゥダスさんの食生活には穀物と豆類が加わったものの、少なくとも全体の80%は生のものを食べるよう心掛けている。

ほぼ毎日、同じものを食べる

ドゥダスさんは日々、決まった食生活を送っている。ほぼ分刻みだ。まず、朝起きたらイラクサと蒸留水のお茶を飲む。

15分後、ドゥダスさんが「パワージュース」と呼ぶもの ── にんじん4本、りんご1つ、ビートの根1つ、小さめのウコン2つ、しょうが、ブロッコリーを使った出来立てのジュース ── を飲む。

その30分後には、バナナ、りんご、カモジグサ、レモンのフルーツサラダを楽しむ。タンパク質と食物繊維を取るために、イタリア産の有機豆乳に柔らかくなるまで浸した生のオーツ麦も食べる。

昼前にお腹がすいた時は、玄米のスナックでしのぐ。ランチには、にんにく2片とニュートリショナルイーストと一緒に調理したレンズ豆を食べる。

午後4時頃、ドゥダスさんは軽食としてビーガン・チキンを食べる(加工されたビーガンフードで彼が唯一好きなものだ)。

夕食には、ベイクド・スイートポテト2つとオーブンで焼いたカボチャを食べる。

これがドゥダスさんの日々のルーティンだ。これを何年も続けているという。

「すごく調子がいいから、何か違うことをする必要がないんだ」

カロリー、糖質、脂質、タンパク質は気にしない

合計で1日あたり約2500カロリーを摂取しているだろうと、ドゥダスさんは見ている。ただ、日々カロリーを追ったり、糖質や脂質、タンパク質の摂取量を計算することはないという。

それよりも、ドゥダスさんは体調に注意し、結果として得られた自分の体型が好きかどうかに気を配っている。

「鏡がぼくにとっては一番いいんです。鏡に映った自分が太ってきたら、食べる物を変えるんです」と言う。

有酸素運動は嫌い

ボディービルダーを含め多くの人が、カロリーを燃やすために何時間もランニングマシンの上で過ごしているが、ドゥダスさんはこれが嫌いだ。

彼の意見では、心拍数が上がるなら走るのも役に立つが、効果が出るにはあまりにも長い時間がかかるという。

「3時間も有酸素運動をするなんて、ものすごく退屈じゃない? 時間がないから、人は1時間だけジムに行くんだ」とドゥダスさんは話した。

さらに、植物中心の食生活が体重を減らし、維持するのに役立つため、有酸素運動は必要ないのだという。

「ぼくは有酸素運動をやらない。いつでも好きな時に脂肪は落とせるからね。ボディービルでの成功も、80%は正しい食生活のおかげさ」

「1時間以上のワークアウトは時間の無駄」

ドゥダスさんは今でも定期的に運動をしていて、週に4回はウェイトリフティングをしている。だが、どんなに長くても1時間までと決めている。ジムでやり過ぎると、からだの修復する力を超えて筋肉がダメージを受けかねないからだという。

その代わり、ドゥダスさんは全身に効くエクササイズを控えめにやることに集中している。お気に入りはウェイトをつけてのスクワットだ。

「このエクササイズは素晴らしい。一生懸命に呼吸をすることで、全身を強化し、心臓と肺を強くすることができる。だからぼくはスクワットが大好きなんだ」

運動をするにあたって、ドゥダスさんは特に"きれいなフォーム"と"ゆっくり動くこと"を重視していて、これを守りながら1セット8回前後のエクササイズをそれぞれ複数セットやるという。

運動後には、新鮮なフルーツと10グラムのマヌカハニーを食べる。マヌカハニーはニュージーランド産の希少かつ特別な蜂蜜で、からだに非常に良いとされている。この"運動後のブースト"が極めて重要なのだと、ドゥダスさんは話した。エネルギーを補給し、からだが筋肉をつくる役に立つからだという。

以上である。

最短な道、苦労しないでなし得ない!昔は筋肉あったし、チョット筋トレ!したら直ぐに筋肉がついた!こんな「嘘つきな台詞」を吐く人は今現在はブクブク中年肥りか、ガリガリの痩せでぽっこりお腹は共通てあり、病気持ちで薬物中毒者で当たり前のように生活習慣病の薬を飲んでるのであろう!

IMG_20200614_220823_622.jpg

最短な道はない!地道に失敗や試行錯誤を繰り返すことが重要なのである!

そしてウエイトメイキングトレーニングにも弱点がある…

ソレはまた…決めては「柔らかい体」である

横浜市都筑区東山田で柔ロコモ・リハ・トレーニングを継続しているトレーニーの方はもうお判りだと思いますが…

昔はどうでも良い!今が大切なのである😁

2020-11-18 12:24:00

本日18日は陸上教室の為正午〜休館となります。

本日18日は陸上教室の為正午〜休館となります。

2020-11-10 21:58:00

可動域をあげよ!

DSC_1101~2.JPG

あなたは通常の筋トレ💪を某スポーツクラブでやり満足するとしよう!

でも…あなたがしているスポーツのパフォーマンスは上がっていますか?いや寧ろ下がっているのでは?

あるいは「いやいや上手くいってるよ!でもたまに怪我をするんだよね!而も調子が良い時に!」とか

説明しよう!イチロー氏の言葉〜抜粋

「僕の周りには一流のその超一流が集まる場である、しかしながら一見彼らは上手くいってるようで、年齢を重ねる程パフォーマンスも怪我をする!ウエイトトレーニングもしっかりこなしているのに!……僕はそんな人を沢山見てきた結果今のトレーニングに行き着いたんだよね!僕もいっぱい馬鹿やってきたからね…ウエイトやって身体がデカくなった事もあるのだから……でも身体が妙に動きづらい!!

あっウエイトトレーニングってこんな影響があるんだなぁ〜って!僕はウエイトはやらない!」

以上である。

イチロー氏の「一見上手くいっるように見えて怪我する」この言葉が印象である

💪ウエイトトレーニングは終った後の筋肉の張り具合で皆満足して、重い重量を扱う事ができると余計に満足する!しかしながら!果たしてパフォーマンスが上がっているのか?

スポーツ界を見ても例えば!最近では大谷翔平選手今季は悪かった!手術をしているし、怪我をした!身体は以前よりもデカくなっているにも拘わらず!相当ウエイトトレーニングをした!とか噂がある!

ウエイトトレーニングを全否定するつもりはない!柔ロコモトレーニングジムでもウエイトトレーニングはする!

しかしながらソレは通常乗れるのはトレーニングのそれとは違う!ソレが上記タイトルのパフォーマンスを上げる可動域トレーニングである!このトレーニングと柔ロコモ・リハ・トレーニングは凄く似通っている

重要点は

①ストレッチで可動域が広がる!

②インナーマッスルを鍛えて関節が安定する

③体の軸と四肢が連動する!

次回は①〜③を詳しく説明する!

2020-11-09 13:01:00

読売ジャイアンツ坂本勇人選手の秘密トレーニング

【巨人】坂本勇人、独占手記! 2000安打「本当に、本当にこの瞬間を母親にも見せたかった」

  • この記事についてツイート
  • この記事についてFacebookでシェア
  • この記事についてLINEで送る

配信

スポーツ報知
【巨人】坂本勇人、独占手記! 2000安打「本当に、本当にこの瞬間を母親にも見せたかった」

1回2死、二塁打を放ち通算2000安打を達成した坂本は、客席に向かって記念ボードを掲げる(カメラ・中島 傑)ヤフーニュース〜抜粋

 

坂本勇人選手は30歳を超えてから今までより体のことに気を使うようになった。家での過ごし方も本当に変わった。昔は家に帰ってお風呂に入って出たらゲームして映画見たり、と自分の時間にあてていたけど今はない。元木ヘッドにも驚かれたけど、実は体がけっこう柔らかくて。ストレッチは必ず試合が終わって家に帰っても行う。何年もずっと続けている。打撃も守備も柔軟性は大事。特に僕は体がショートの中では大きいと言われている。柔軟性が失われた時は動きもきつくなってくると思うから、意識している。談話

 

球団は、今年から新たに1軍の宮崎キャンプが行われるサンマリンスタジアムの一角を“初動負荷専用ルーム”として運用。肩や股関節の可動域を広げる5台の器具を持ち込んだ。坂本のほか菅野、鍵谷らも合同自主トレ初日に早速使用した。

 初動負荷トレーニングは体の柔軟性などを高め、疲労回復などに効果が高いとされるもので、昨年3月に45歳で現役引退したイチロー氏(現マリナーズ球団会長付特別補佐兼インストラクター)が現役時代に取り組んだことでも知られる。50歳まで現役を続けた山本昌氏も器具を愛用したことから、年齢を重ねて硬くなる体のケア方法、いわば「不老トレ」として認知されるようになった。

 球団は選手の要望に応え、昨年6月に東京ドームの一室に同器具を設置。坂本は「長く現役を続けられたイチローさんもやっていた。けがの防止につながるはず」と下半身の柔軟性向上を実感しているとのこと!

柔ロコモ・トレーニングジムでも同じく柔らかい体つくりを重要視しています。

横浜市都筑区東山田で唯一無二の体を柔からく、しなやかにできるトレーニングジム=柔ロコモトレーニング

アトピー性皮膚炎やアレルギーも体質改善トレーニングや背骨ゆらしで奇跡が起きる!スポーツ傷害は体の使い方次第で変わる!

イジメや虚弱体質も改善できるトレーニング=柔ロコモトレーニング

坂本勇人選手の今後の活躍には益々目が話せませんね!

 

 

 


1