2021.08.02 Monday
❗🖕更新日を過ぎた会員の方へ (click) 😁🥺生まれつきアトピー性皮膚炎も柔トレーニングで改善します。 (click) 💪柔ロコモ・リハビリ・トレーニング(随時更新中) (click) 👨‍⚕新型コロナに対しての医師の意見(最新) (click) ❗❗ご予約に関しての最重要事項 (click) ㊗🥳桐蔭横浜大学柔道部優勝おめでとう㊗ (click) ㊗松山英樹選手おめでとうございます。 (click) ★ごとう整形外科の珍コロナに関して! (click) ★マスクの真実!! (click) 🙅マスクを禁止🚫テキサス州 (click) 😱マスクで死亡か?小学生 (click) 💪最近の当院長 (click) 🥳柔術昇級おめでとう (click) 😱マスクに数々の雑菌と酸欠状態になる! (click) 😫中田翔が走っただけで!デットリフト260㌔上挙げるのに! (click) 💪天才野球少年 森山竜之輔のトレーニング (click) 🗣️もう限界ですあなたは大切な家族を守れますか? (click) 🗣️福岡県のバスに取り残された園児の死とマスク (click)

柔ロコモトレーニングジム
慢性疼痛専門療術院
みずきが丘整骨院

当施設院は「自然治癒力」こそが全てであり、自力本願主体の特別な運動や施術で過剰な薬物医療から抜け出したい方だけの「医学の父ヒポクラテスの誓い」が中心の院であり、医師の内海聡先生の研修を終了し、「心技体」を重要視した施設院です。「健全なる魂(心体)」に投資できる方は是非ともご来院下さい。健康寿命が倍増します。

インフォメーション

2020/09/22 06:35

イジメで!

いじめを苦に命を絶った中3女子生徒 遺族が広島市を提訴

テレビ新広島
テレビ新広島
地域

広島市の中学校で当時3年生の女子生徒が自殺した問題で、学校の不適切な対応が自殺に繋がったとして、遺族が広島市を相手に損害賠償を求め、提訴したことがわかりました。

この問題は2017年7月、広島市の五日市観音中学校で当時3年生だった女子生徒が転落死したものです。

訴状などによりますと、女子生徒は小学生の頃から暴言や嫌がらせを受け、中学校に入学したあとも登下校中や授業中などに悪口や暴言などを日常的に受ける一方、複数の教員がいじめを認識していたにもかかわず、対応を検討することはなく、「組織的に対応する義務に違反している」と指摘。

遺族は、学校の対応と自殺には因果関係があるとして、広島市に対しおよそ5000万円の損害賠償を求めています。

提訴を受けて広島市教育委員会は「原告の主張を踏まえて対応を検討している」としています。

死んでからでは遅い!

市も助けてはくれません!

横浜市都筑区東山田で唯一無二の体質改善出来る

イジメも克服出来る 

鍛えると自分自身に自信がつく

馬鹿にされません!

柔ロコモトレーニングジム

イジメに悩む男女を応援します。

大人も!同じく!

酸素カプセルの予約が増加中止まりません!

こんな人に喧嘩売りますか?イジメますか? 

目には目👀歯には歯ですね!😁

人間は差別をつけたがる人種です。

人間を殺している生き物ナンバーワンは「人間」です!因みに第2位は「🦟蚊」だそうです。

アトピー性皮膚炎で自信がない方も当施設院に来れば治りますよ!

背骨ゆらしで!柔ロコモトレーニングで!

 

2020/09/19 07:56

歩きスマホ

ヤフーニュース〜抜粋

スマホゲーム川沿い歩く 山口・小瀬川

 
Yahoo!ニュース
 
16ニュースTSS

17日夜、広島と山口の県境を流れる小瀬川に男子高校生が転落し川底から発見されましたが、死亡が確認されました。当時、男子高校生は友人と2人で川沿いを歩いていたということで警察が経緯などを調べています。

17日午後9時すぎ、山口県和木町の小瀬川で岩国市の17歳の男子高校生が転落し、およそ40分後に川底から心肺停止の状態で発見され、死亡が確認されました。

男子高校生は友人と2人でスマートフォンのゲームをするために現場を訪れていて、2人で川沿いを歩いていましたが、前にいた友人が大きな音がして振り返ったところ川に落ちていたということです。

当時、周辺では雨が断続的に降っていて、川の水位は満潮前にあたり歩道の高さ近くまで上がっていました。警察が転落の詳しい経緯などを調べています。

以上である!

歩きスマホは❌

親も大責任

リュックサックもだらしのない持ち方は止めい!

横浜市都筑区で1級のカイロプラクティック手技=背骨ゆらし

慢性痛、慢性疾患を体質改善出来る唯一無二の院

慢性疼痛専門院、スポーツ外傷専門みずきが丘整骨院

体の歪みを調整、体質改善、アレルギー症状、体力向上、痩せる、イジメを克服

柔ロコモトレーニングジム

やる気のある方のみ来てください

薬物療法主義や継続できない方は固くお断りします。

グダグダ文句垂れる方も固くお断りします。

かなり!強気

当たり前です。

当施設院は奇跡が起きる!

心技体の軸があれば!

 

2020/09/19 05:52

21日は午後は機器メンテの為休館日となり22日は陸上短距離走教室の為

正午から機器メンテナンスの為

21日は休館日となります。

22日は陸上短距離走教室の為終日休館日となります。

2020/09/15 13:45

本日は陸上短距離走教室が18時まであります。

本日は陸上教室が18時迄ありご予約はそれ以降にお願いします。

2020/09/14 16:31

子供達に異変が!珍コロナの影響、姿勢も悪い

縄跳びで足首骨折も 子どもが運動不足で「考えられない事故」や「体重増加」〈AERA〉

  • この記事についてツイート
  • この記事についてFacebookでシェア
  • この記事についてLINEで送る

配信

AERA dot.
縄跳びで足首骨折も 子どもが運動不足で「考えられない事故」や「体重増加」〈AERA〉

AERA 2020年9月14日号より

 縄跳びで足首骨折、跳び箱で両手首を骨折……。運動不足から通常では考えられないような事故が、子どもたちに起きている。AERA 2020年9月14日号は「子どもの異変」を特集。成長期を考慮した対策を専門家に聞いた。 【表】子どもが運動不足だと感じたら…これをやる!

*  *  *  外出自粛や部活動などの制限による運動不足で、子どもたちの体にも異変が現れてきている。学校再開後、跳び箱に手をついて両手首を骨折したり、縄跳びを跳んだら足首を骨折したり、といった事故も起きているという。日本臨床整形外科学会の新井貞男理事長はこう指摘する。 「2018年度のスポーツ庁の調査でも児童生徒の体力・運動能力の低下が指摘され、体がかたい、バランスが悪いなどの運動器の機能異常である『子どもロコモ』の子どもが増えています。今回の長期間の休校がさらに運動機能を低下させ、運動を再開した際にけがをしやすくなる状況をつくっていると考えられます」 ■成長期には柔軟性低下  同学会は7月下旬から8月中旬にかけて、医療機関を訪れた1万2千人あまりにコロナによる外出自粛の影響を調査した。小・中・高校生817人が回答。そのうち「体力がなくなった」と回答したのは、小学生で35.3%、中学生で44.1%、高校生で55.1%に上った。  痛い部位を尋ねたところ、最も多い部位は小学生が足・足関節で4割超、中学生と高校生は首・腰で3割を超えた。中学生は足・足関節も3割弱あった。  調査を担当した同学会の二階堂元重理事はこう分析する。 「小学生から中学生にかけての成長期は、骨が急速に伸びることで周りの筋肉や腱(けん)は常に強い緊張状態にあり、そのために身体の柔軟性が低下しています。長期休校による運動不足の後、急に運動量が増えたことで、通常では考えられない事故が起きています。中高生に肩こりや腰痛が多いのは、悪い姿勢で長時間、スマホやゲームに熱中することも原因の一つと考えています」  けがを防止するためには、運動前後に特に手首・足首、肩甲骨・股関節の入念なストレッチを行うことと、よい姿勢を身につけることが必要だという。立ち姿勢はかかと、尻、背中、頭が全部壁につけられるようにし、座っているときはすねと太もも、太ももと背骨が直角になるのが理想だ。

また、先の調査で「体重が増加した」と回答したのは、小学生で36.9%、中学生で37.4%、高校生で34.9%もいた。  埼玉県在住の男性(40)の小学3年の息子は今年3月から2カ月半で6キロ増え、38キロになった。「やばい」と思ってネットで成長曲線を調べると、身長は標準よりやや高いぐらいだが、体重はカーブの上にはみ出していた。  もともと太りやすいので水泳教室に通わせていたが、3月から3カ月間休みになって運動の機会がなくなってしまった。さらに休校中は間食も増えた。 「緊急事態だから、他に楽しみがないんだし、と目をつぶってきたが、これだけ体重が増えると不安になる」(男性)  小児肥満に詳しい獨協医科大学特任教授の有阪治医師によると、子どもは毎日成長しているので、体重が何キロ増えたら異常なのかを判断するのは難しいが、年齢と平均体重の関係を示した成長曲線図に照らし合わせて、体重増加が平均的カーブから外れた場合は気をつけたほうがいいという。  子どもの運動量が減ることで肥満が増えることは、原発事故後に外遊びができなくなった福島県で報告されている。また、ストレスにより甘いものや脂肪分の多いものを欲しがるようになることや、間食の頻度が増すというデータは世界中で確認されている。外出自粛やコロナによるストレスが子どもの食行動に変化を起こしているとも考えられる。 ■ダイエットは禁物  その上で有阪さんは指摘する。 「肥満は改善しても、動脈硬化や心筋梗塞(こうそく)などのリスクが高くなります。子どもの場合は、この負の影響が長く残る怖さがあります」  だからといって子どもにダイエットやカロリー制限は禁物だ。 「行きすぎたダイエットは子どもの正常な成長を妨げ、骨密度の減少や脳の萎縮などを引き起こしてしまうので絶対にお勧めできません。子どもの肥満は、生活習慣を見直し、身長が伸びることを利用して解消していきます」(有阪さん)  医療機関を受診する目安は、標準体重に対して実測体重が何%上回っているかを示す「肥満度」が30%以上の場合。これも成長曲線で確認できる。肥満が進むと血液検査の値にも異常が出てくるので、かかりつけの小児科で相談してみたほうがいい。(編集部・深澤友紀) ※AERA 2020年9月14日号より抜粋

1 2