柔ロコモトレーニングジム
慢性疼痛専門療術院
みずきが丘整骨院

当施設長の濵中俊亘です。
令和2年6月で、開業して20周年となります。荏田南で19年間地域に密着し、建物の老朽化で都筑区東山田に移転してきました。
臨床経験は整形外科を始め26年となります。
体の不調を訴える方の研究を重ねた結果、足裏👣〜背骨の歪み心の問題にこそアプローチして
自然治癒力を高める事と体の正しい使い方をするリハビリトレーニングをすれば心身共に元気になる事がわかりました。
これからも皆様の笑顔を見たい一心です。
体のお悩みで当施設院をご利用していただけたら幸いです。
ゼロ磁場機器
 045-534-5910
お問い合わせ

インフォメーション

2020 / 07 / 02  06:05

柔道=柔らかさ=心技体

斉藤仁氏(故人)バルセロナオリンピック🥇

身長178cm、体重約100kgで

高校の寮で。平日は早朝に1時間、夕方から4時間の練習があった。休日はもっぱら掃除と洗濯。遊びに出かけることはほとんどなかった 写真/『柔の道 斉藤仁さんのこと』

 そして1976(昭和51)年春に上京。国士舘高校柔道部の道場で、川野はまたしても目をみはる。練習の初日、斉藤にストレッチをやらせたときだ。

 「畳に座って両足を開き、上半身を倒す、つまり相撲の股割りをやらせると、ビターッと頭が畳についた。特に下半身がすごくやわらかい。当時彼は身長178cm、体重約100kg。私は『倒立はできるか』と訊きました。斉藤は『はい』と答えるや、逆立ちしたままトントントントンと歩いたのです」(川野)

 ずば抜けた身体能力を実感した川野は、背負い投げの練習を徹底的にやらせた。「日本一厳しい」とのちに斉藤が評した稽古の甲斐もあって、彼が2年のとき、インターハイの柔道団体戦で国士舘高校は初優勝を遂げた。

 斉藤がさらに強くなったのが国士舘大学時代だ。当時、柔道日本代表の重量級担当コーチだった上村春樹の指導が効いた。

 「斉藤の柔道は豪快かつ大雑把。得意とする技も少ない」

 そう考えた上村は、さまざまな投げ技の足の運び方、重心移動の方法を緻密に教えたのだ。斉藤自身も最上の身体の動かし方を「ミリ単位」で追求し、山下泰裕の最大のライバルと呼ばれるようになっていった。

 斉藤が生涯大事にした言葉がある。「剛毅朴訥」だ。前出の川野監督が語る。

 「彼が高校を卒業するとき、私がその言葉を贈りました。剛毅とは何事にも屈しない強い精神力。朴訥とは天狗になることなく、飾り気のない、ありのままの姿でいることです。このふたつがあってこそ、本当に強い人間と言えます。柔の道とは、そういう人間になるための歩みのことです」

 地道な鍛錬を日々重ね、彼はまさに剛毅朴訥に生きた。

斉藤仁氏!心技体を柔道では発揮できていた。

彼は癌で亡くなっているので、生活習慣に関する心技体は……割愛します。

2020.10.30 Friday