2020/07/31 10:43

ボディビルダーの片川さん死亡

BO151030535008_TP_V.jpg

有名ボディビルダーの片川 淳さんが死去

享年62歳

トレーニング中に激しい胸の痛みで倒れた!

死因は心筋梗塞たそうです。

概要

心筋梗塞は日本人の死亡原因の上位に挙げられている疾患で、突然死の原因にもなり得る、恐ろしい疾患の一つとして知られている。心筋に血液と酸素を送る冠動脈が動脈硬化で硬くなり、心筋に血液を送ることができない状態になることで、心筋が酸素不足に陥り壊死を起こしてしまう状態。胸をえぐられるような強烈な痛みを突然感じ、その痛みは約20分以上継続する。一度細胞が壊死すると二度と元の状態に戻すことができないため、迅速で的確な処置が必要。血栓溶解療法・経皮的冠動脈インターベーション・冠動脈バイパス手術などの治療法がある。

原因

心筋梗塞の主な原因は動脈硬化である。動脈硬化は心臓に血液と酸素を送る冠動脈の壁に、コレステロールなどのプラークが沈着することで血管が狭くなったり、弾力が低下してもろくなったりする状態を指す。このプラークが突然破綻すると冠動脈に血栓ができて血管がつまり、心筋に血液を送ることができない状態になり、心筋が酸素不足により壊死を起こす。動脈硬化そのものには、目立った自覚症状はないといわれている。心筋梗塞の原因となる動脈硬化を進行させる危険因子として、脂質異常症・高血圧・糖尿病などの生活習慣病が挙げられる。その他にも加齢・喫煙・運動不足・ストレス・肥満なども動脈硬化の危険因子と考えられている。

症状

激しい胸の痛みに突然襲われ、「胸をえぐられるよう」「火箸で刺されたよう」と表現する人もいるほどの苦痛を伴う。血流が止まって約20分で心筋細胞が壊死し始めるが、血管内の血栓が大きいほど破壊される心筋細胞の範囲も広くなる。安静にしていても激しい胸の痛みが20分以上続く場合は、心筋梗塞の可能性が高いといわれている。発作から数時間経過すると痛みが引くが、これは発作が治まったわけではなく、心筋細胞の壊死が終息し痛みを感じなくなったためである。そのまま放置すると呼吸困難・意識障害・血圧低下などの状態に陥り、最悪の場合は死に至ることも。

以上です。

ボディビルダーは激しいウエイトトレーニングをします!

凄まじい力みです。

実はその力みこそが血管を硬くするのですよ!