インフォメーション

2020-08-07 07:12:00

今更何を!珍コロナも同じですが!

ヤフーニュース〜抜粋

原爆投下「必要なかった」 歴史家らが米紙に寄稿

 
Yahoo!ニュース
 

 【ロサンゼルス共同】米紙ロサンゼルス・タイムズは5日、広島、長崎への原爆投下を巡り「米国は核時代の幕を開ける必要はなかった」と題し歴史家らが寄稿した記事を掲載した。トルーマン大統領(当時)が原爆を使わなくとも日本が近く降伏すると認識していたことは証明済みだとし、「日本への核兵器使用を巡る真摯な国民的対話」の必要性を訴えた。

 歴史家のガー・アルペロビッツ氏とジョージ・メイソン大教授のマーティン・シャーウィン氏の共同寄稿。米国では原爆投下が戦争終結を早め多くの米兵らの命を救ったとの主張が主流だが、日本との戦争を経験していない若者の増加などで変化の兆しもある。

以上である!

今更何を!です。

何万人の人間が犠牲になったか?これが今の珍コロナも同じです!

必要以上にマスク😷や除菌させて免疫力を下げる愚行をすること

後々にあの時のパンデミックで!ロックダウンやソーシャルディスタンスや密は必要なかった!

こうなるでしょう。

あなたはまだ洗脳医療や洗脳テレビや新聞や週刊誌を信じますか?

大本営発表の悲劇を繰り返さないために

大本営発表は、日本メディア史の最暗部である。太平洋戦争の時代、大本営がデタラメな発表を行い、メディアがそれを無批判に垂れ流し、国民がそれに踊らされた。今日でも大本営発表は、「あてにならない当局の発表」の比喩として頻繁に用いられている。

とはいえ、「大本営発表」の比喩は乱用されていないではない。ネットで検索すると、ありとあらゆるものが「大本営発表」と呼ばれていることがわかる。企業のPR部の発表は「大本営発表」だ。芸能事務所の発表は「大本営発表」だ。当事者の発表は自分に都合よく加工されており、まったく信用に足りないといわんばかりの有り様である。

大本営発表の悲劇を繰り返さないために

大本営発表は、日本メディア史の最暗部である。太平洋戦争の時代、大本営がデタラメな発表を行い、メディアがそれを無批判に垂れ流し、国民がそれに踊らされた。今日でも大本営発表は、「あてにならない当局の発表」の比喩として頻繁に用いられている。

とはいえ、「大本営発表」の比喩は乱用されていないではない。ネットで検索すると、ありとあらゆるものが「大本営発表」と呼ばれていることがわかる。企業のPR部の発表は「大本営発表」だ。芸能事務所の発表は「大本営発表」だ。当事者の発表は自分に都合よく加工されており、まったく信用に足りないといわんばかりの有り様である。