柔ロコモトレーニングジム
慢性疼痛専門療術院
みずきが丘整骨院

当施設長の濵中俊亘です。
令和2年6月で、開業して20周年となります。荏田南で19年間地域に密着し、建物の老朽化で都筑区東山田に移転してきました。
臨床経験は整形外科を始め26年となります。
体の不調を訴える方の研究を重ねた結果、足裏👣〜背骨の歪み心の問題にこそアプローチして
自然治癒力を高める事と体の正しい使い方をするリハビリトレーニングをすれば心身共に元気になる事がわかりました。
これからも皆様の笑顔を見たい一心です。
体のお悩みで当施設院をご利用していただけたら幸いです。
ゼロ磁場機器
 045-534-5910
お問い合わせ

インフォメーション

2020 / 08 / 09  15:16

お馬鹿な日本人は最低国民に成り果てた!その先には…

41M4DK8MKEL._AC_UL320_SR224,320_.jpg

家畜医療を喜んで受ける人々

忠告します!

マスク😷まんや消毒をしまくる果には真の病気が待ち受けている事を!

ヤフーニュース〜抜粋

帰省したら「さっさと帰って」/青森市の民家、玄関先に紙投げ込まれる/「検査で陰性確認」男性憤る

 
Yahoo!ニュース
 
長内さんの生家に投げ込まれた匿名の紙(長内さん提供)

 墓参りなどのため東京都から青森市に帰った長内和雄さん(64)の生家に「何を考えてるんですか?」「さっさと帰ってください!!」など、帰省をとがめる内容の紙が投げ込まれた。

 長内さんが玄関先に落ちていた白い紙を見つけたのは7日朝。ごみを捨てに行こうとしていたところで、丸めて捨てようとしたら「なんでこの時期に東京から来るのですか?」「安全だと言いきれますか??」などの文字が目についた。文章は手書きで匿名。すぐに警察へ通報した。

 都内に住む長内さんは5日に帰省。7月末までに2度、自主的にPCR検査を受け陰性だったという。8日の取材に長内さんは、「(紙を置いていった人が)考えるほど(自分は)無神経ではない」と憤った。今後さらにお盆の帰省者が増えることに触れ、「青森に来る人が嫌な思いをしないよう、相手の気持ちになって考えてほしい」と訴えた。

以上てある!

もう太平洋戦争の頃と何ら変わらない!

マスメディアに踊ろされる人々

赤紙🔴が来て近所の!キチガイが「お国の為に尽くしてこ〜い!ばんざ~い」

親は息子の赤紙🔴に嘆き悲しむ!ソレを他所に近所のキチガイは「ばんざ~い」と!

そして戦争で日本国が負けた途端に、戦争から還ってきた兵隊さんに向かって近所のキチガイは「この殺戮部隊が!まぁ〜恐ろしい事をして!」等と近所に噂を流しまくり、村八分にする

特に田舎!に多い!

珍コロナのなんの!ウイルスの知識もメディアレベルでしか知らない!テレビ洗脳、新聞洗脳された人々

因果応報

過剰なマスク😷や薬常用や消毒や上図のような文書を書き上げる輩は!

必ずや報いを受ける

因果応報=カルマの法則=業

末代まで続く!

必ず!

怪談「カサネガフチ」

累ヶ淵(かさねがふち)は、茨城県常総市羽生町の法蔵寺裏手辺りの鬼怒川沿岸の地名。江戸時代、この地を舞台とした(るい、かさね)という女性の怨霊とその除霊をめぐる物語は広く流布した。

この物語を題材にとり、四代目鶴屋南北作の『色彩間苅豆』(いろもようちょっとかりまめ)をはじめとした累物(かさねもの)と呼ばれる一群の歌舞伎作品がうまれたほか、三遊亭円朝怪談噺真景累ヶ淵』を作り上げた。

2020.10.01 Thursday