柔ロコモトレーニングジム
慢性疼痛専門療術院
みずきが丘整骨院

当施設長の濵中俊亘です。
令和2年6月で、開業して20周年となります。荏田南で19年間地域に密着し、建物の老朽化で都筑区東山田に移転してきました。
臨床経験は整形外科を始め26年となります。
体の不調を訴える方の研究を重ねた結果、足裏👣〜背骨の歪み心の問題にこそアプローチして
自然治癒力を高める事と体の正しい使い方をするリハビリトレーニングをすれば心身共に元気になる事がわかりました。
これからも皆様の笑顔を見たい一心です。
体のお悩みで当施設院をご利用していただけたら幸いです。
ゼロ磁場機器
 045-534-5910
お問い合わせ

インフォメーション

2020 / 08 / 10  15:05

あなたは必ず報いを受ける!

rectangle_large_type_2_299099db38ffc89cd9c2fab30b97d4a1.jpeg

量子力学

近年研究されている医療分野でもある!

簡単に言えば、で、電磁波だ!

次に登場したのは、物理学の天才、ジェームズ・マクスウェル(イギリスの物理学者・1831-1879)です。 マクスウェルは、1864年に、それまで確認されていなかった電磁波の存在を予言、それをきっかけに「で、電磁波の一種である」と考えられるようになったのです。

量子力学 ( りょうしりきがく 、 英: quantum mechanics)は、一般相対性理論と共に現代物理学の根幹を成す理論として知られ、主として分子や原子、あるいはそれを構成する電子など、微視的な物理現象を記述する力学である。 ... 従って、生物や宇宙のようなあらゆる自然現象もその記述の対象となり得る。

シュレーディンガーの猫で検索すると分かるけど、生と死は人間の意識の中だけの概念の可能性がある。

つまり人類以外から俯瞰してみると我々は生きているし、死んでいる。存在しているし、存在していない状態にある。同一の世界でこれが起きているのか、平行世界が重なり合っているのか。

なんにしろ我々を我々たらしめているものは、我々の意識のみということだ。液体も固体も気体もなく存在の濃度が雲のようにもやもやしているのが、この世界の正体。何か全てはプログラミングされているような気がするな。

量子力学は人類が知り得ない扉の在り処を示している。

これ以上はロックがかかっているよ。もしプログラミングされているのだとしたら、我々は何か意味を持って構成されたということになる。人がそれぞれ見た目も性格も違うってよく考えると訝しいことだ。この世界ってただ人間が出来る限りの思考を具現化されたものに過ぎないんじゃないか説。机を触って硬いと感じるのも、人間が机を認識して、その存在の濃度を高くして、人間の知る机がそこにあるだけ

全ての情報は人間の感覚を通してインプットされている以上、全ての量子は観察されてしまっている。量子は観察されると姿を変える。つまり人間が知ることが出来るデータは全て、人間用のデータだけってことだ。。これが結論

まぁ詳しい事はいつもながらご自身でお調べ下さい。

日本国民はマスメディアに洗脳されたら(プログラミング)民族であり、島国に所以たる「皆と同じでないと精神…」

本当は日本国民族はかつてはそんな思考ではなかったですが!

血で塗られた天皇家なんかは、太平洋戦争でもそうですが、決して奇麗な血は流れてはいない!

「馬鹿な!天皇家を!崇高な天皇家を!」

答えは!歴史をお勉強なさい!ですよ

血縁関係やらで争う天皇家の歴史をお勉強したはずです。

大化の改新

南北朝時代

因果応報=業=カルマ

天皇家と戦争は切っても切れない宿命なのです!

身分や階級を決めているのは、洗脳された人間であり!また特権階級の人間の常套手段で。常に人間を支配する輩が存在する。

量子力学は難しい!?とか怪しい?!とか言われていますが、無知で何も知らない洗脳されたら人々には全く知らない!知られてはいけない分野ではあります。

量子医学の分野の先駆けは、やはり量子物理学がマックス•プランクによって生じたドイツを抜いては語れません。そして、これから病気の治療手段として量子医学(波動医学)がメジャーになってくるのでしょう。現にそういったクリニックも増えてきています。

まぁ日本国は希少ですが!

追々、量子医学(波動医学)についてもブログにアップしていく予定です。

アルツハイマー病やパーキンソン病の分子的メカニズムの解明に関与していたこともあり、量子論とライフサイエンスはもっと密接に連携していかないと意味がないな、と感じています。私達の人体には、内なる広大な宇宙が広がっており、当然分子、それを構成する原子、更に原子内は超ミクロ(量子)で成り立っているわけですから。

著者の島博基名誉教授(兵庫医科大)は、テラヘルツ波(量子波)を使った画期的な治療法を確立され、SHIMA量子医学研究所を設立されているようです。テラヘルツ波とは中赤外線から超遠赤外線までの波長を指します。

巷でもよく言われることですが、活性酸素、フリーラジカルは細胞毒であり、これが様々な疾患を引き起こす原因とされています。特に癌であれば、フリーラジカル、活性酸素によりDNAに変異や切断が起こると、修復酵素が元通りに戻すよう作用しますが、キャパを超えると、異常細胞である癌が増殖を続け、アポトーシス(自殺プログラム)が効かなくなります。

著者は、遠赤外線であるテラヘルツ波を癌細胞にあてるとことで癌細胞を激減させたデータなどを掲載しています。

細胞内のオルガネラとしてATPを電子伝達系で供給するミトコンドリアは、付随して
活性酸素も産生します。この活性酸素は過酸化水素、ヒドロキシラジカルを経て水になりますが、処理しきれなくなると、細胞を攻撃することになります。

アルツハイマー病やパーキンソン病でも、ミトコンドリアが酸化ストレスによりダメージを受けていることが知られていましたし、パーキンソン病の原因遺伝子翻訳産物のうちPink1やHtr2はまさにこのミトコンドリア内で機能しているタンパクなのです。(注:パーキンソン病は95%ほどは孤発性ですが、5%は遺伝的に発症し、その原因遺伝子が既に9個ほど見つかっています。因みにアルツハイマー病も同じく、95%ほどは孤発性ですが、5%は遺伝的に発症し原因遺伝子は3つほど見つかっています。)

病気とは量子場の乱れなのです。細胞を構成する分子、そして原子、そして超ミクロの量子の乱れなのです。その乱れを正常にしてあげることで、自ずから治癒していくというわけです。

電子伝達系やDNA複製のメカニズムも図解してあり、初心者でも理解し易いのではないかと思います。途中、内容的に神道感謝について書かれてあるところが多少飛躍している感(繋げるにはもっと書くことが沢山あるので、紙面が許さない条件では、これが限界かもと思いますが。)もありますが、興味のある方には一読をお薦めします。

テラヘルツ波、ホメオパシー、メタトロン、バイオレゾナンス、特定周波数、タカダイオン、電位治療、電子治療、足裏治療、神経磁場治療、微弱電流、アロマセラピー、音楽療法、視覚的治療(シンクロエナジャイザー)他全て量子医学です。波動医学

ウイルスもミクロレベルでは周波数であり、そのウイルスの持つ周波数を破壊すればウイルスは消失します。

横浜市都筑区東山田で唯一無二の「波動医学=量子力学医療」をしています。

しかしながら…

1番大切な事は「心のならば有り様」なのです。

珍コロナに羅漢して悪化して、死亡する人は?

「恐怖」なのです。

その恐怖を与える者は?

「あなた自身の心」なのです!

「あなた自身の心」を乱す者は?

「薬物」「アルコール」「添加物」等ですよ!

人間が極めて堕落する「食べモノ」なのです。

アダムとイブの「りんご🍎」

蛇が与えた「りんご🍎」でアダムとイブは堕落した!

禁断の果実(きんだんのかじつ、Forbidden fruit)とは、それを手にすることができないこと、手にすべきではないこと、あるいは欲しいと思っても手にすることは禁じられていることを知ることにより、かえって魅力が増し、欲望の対象になるもののことをいう。

メタファーとしての「禁断の果実」という語句は、旧約聖書の『創世記』をもとにしている[1]。創世記では、禁断の果実とは、善悪の知識の木の果実を指す。アダムとイヴエデンの園にある果樹のうち、この樹の実だけは食べることを禁じられるが、イヴヘビにそそのかされてこの実を食べ、アダムにも分け与える(イブが先と書くのは旧約聖書においてであり、イスラム教クルアーンにおいてはどちらが先に口にしたかは書かれていない)。この果実を口にした結果、アダムとイブの無垢は失われ、裸を恥ずかしいと感じるようになり局部をイチジクの葉で隠すようになる。これを知った神は、アダムとイブを楽園から追放した。彼らは死すべき定めを負って、生きるには厳しすぎる環境の中で苦役をしなければならなくなる。

「今の人間社会」

これが「宿命」なのです!

今までの話を「鼻で笑う😀」輩は

必ずや決して逃れる事は出来ない「病気」になっていくことでしょう。

当施設院長は1日1食であり、毎日が自分自身が生かされる事に「感謝」であり、珍コロナも恐れません!病気も恐れません!

自然の奇跡を畏怖しつつ感謝します。