インフォメーション

2020-11-09 13:01:00

読売ジャイアンツ坂本勇人選手の秘密トレーニング

【巨人】坂本勇人、独占手記! 2000安打「本当に、本当にこの瞬間を母親にも見せたかった」

  • この記事についてツイート
  • この記事についてFacebookでシェア
  • この記事についてLINEで送る

配信

スポーツ報知
【巨人】坂本勇人、独占手記! 2000安打「本当に、本当にこの瞬間を母親にも見せたかった」

1回2死、二塁打を放ち通算2000安打を達成した坂本は、客席に向かって記念ボードを掲げる(カメラ・中島 傑)ヤフーニュース〜抜粋

 

坂本勇人選手は30歳を超えてから今までより体のことに気を使うようになった。家での過ごし方も本当に変わった。昔は家に帰ってお風呂に入って出たらゲームして映画見たり、と自分の時間にあてていたけど今はない。元木ヘッドにも驚かれたけど、実は体がけっこう柔らかくて。ストレッチは必ず試合が終わって家に帰っても行う。何年もずっと続けている。打撃も守備も柔軟性は大事。特に僕は体がショートの中では大きいと言われている。柔軟性が失われた時は動きもきつくなってくると思うから、意識している。談話

 

球団は、今年から新たに1軍の宮崎キャンプが行われるサンマリンスタジアムの一角を“初動負荷専用ルーム”として運用。肩や股関節の可動域を広げる5台の器具を持ち込んだ。坂本のほか菅野、鍵谷らも合同自主トレ初日に早速使用した。

 初動負荷トレーニングは体の柔軟性などを高め、疲労回復などに効果が高いとされるもので、昨年3月に45歳で現役引退したイチロー氏(現マリナーズ球団会長付特別補佐兼インストラクター)が現役時代に取り組んだことでも知られる。50歳まで現役を続けた山本昌氏も器具を愛用したことから、年齢を重ねて硬くなる体のケア方法、いわば「不老トレ」として認知されるようになった。

 球団は選手の要望に応え、昨年6月に東京ドームの一室に同器具を設置。坂本は「長く現役を続けられたイチローさんもやっていた。けがの防止につながるはず」と下半身の柔軟性向上を実感しているとのこと!

柔ロコモ・トレーニングジムでも同じく柔らかい体つくりを重要視しています。

横浜市都筑区東山田で唯一無二の体を柔からく、しなやかにできるトレーニングジム=柔ロコモトレーニング

アトピー性皮膚炎やアレルギーも体質改善トレーニングや背骨ゆらしで奇跡が起きる!スポーツ傷害は体の使い方次第で変わる!

イジメや虚弱体質も改善できるトレーニング=柔ロコモトレーニング

坂本勇人選手の今後の活躍には益々目が話せませんね!