2020/11/28 09:06

最近は筋肉マンが流行りらしいが…

ヤフーニュース〜抜粋

イチロー氏「球が速くなっちゃった」引退してなお進化 投手の練習も

やはりストイックだ。現役引退時もトレーニングを続けていく考えを示していたイチロー氏が体を鍛えている現在の様子を紹介した。「現役の時よりキツいですね。トレーニングは。(自身)どうなるかを見てみたい」と意図を説明する。  衰えるどころか、47歳にして進化していた。「球が速くなっちゃたんです。ピッチャーの練習もしてるんですけど」。大事なのはトレーニングと共に体の使い方。「研究といっては大げさですけど、自分の体を使って実験している状態」と、現役時代さながらの貪欲な姿勢を見せた。  イチロー氏といえば、引退後に草野球でプレーし話題を呼んだ。2019年12月には、ほっともっとフィールド神戸で智弁和歌山中・高の教職員チーム相手に軟式球で対戦。知人らと結成した草野球チームで先発マウンドに登り無四球完封を披露していた。  日本に滞在していた今夏は都内でランニングしてたという。「皇居に走りに行ったんですよ」とイチロー氏。周囲の市民ランナーに気付かれそうだが「夜中の11時半なので誰もいないんです」と話した。

以上です。

流石ですね!ところであなたは下記の写真の動作ができますか?

DSC_0919~2.JPG

もし!できなければあなたの身体は既におかしいのですよ!

指が曲がらない!ありえないでしょ!!関節可動域といって本来の関節には動かせる範囲があります!極端な例ではオムツを変えられない赤ちゃん👶何か居ませんよね!?股関節が開かない赤ちゃん👶なんて居ません!

股関節が硬くなっていくのは「使わないから」です。「私は体が硬いからね!」はあなたは「嘘つき」です。体を!使わないから硬くなるのですよ!

ウエイトトレーニングでバキバキの体になっても怪我をしたり、パフォーマンスが落ちたりするのは何故か?あんなに鍛えているスポーツ選手が怪我をするのは何故か?逆にダルビッシュ有選手やイチロー氏が怪我をしないのは何故か?

ソレは関節可動域を意識したトレーニングをしているか?いないかの違いです!大抵の方が見た目を気にします。特に筋肉マンのデコボコの体に!あんなふうになりたいと!そしてジムに行き目指す身体はムキムキマン😁

プロテイン飲んでバーベルトレーニングやダンベルトレーニングやマシーントレーニングに励むのです!大抵の方は挫折します。筋肉がつかないからです。

しかしながら、結果が現れる方もいます!それなのに!肩や腰や膝や肘や股関節を痛めて体の不調を訴える方がいます。それこそが「筋肉バカ」なのです。可動域を無視したトレーニングの結果なのですから!無知なあなたは体が不調になるまで気がつない!だから無知なのです!😁イチロー氏やダルビッシュ有選手のトレーニングは「初動負荷トレーニング」をしています。イチロー氏は現在もしています。

このトレーニングとウエイトトレーニングを合わせたトレーニングこそが「柔ロコモ・リハ・トレーニング」=動体トレーニングです。柔らかいしなやかな力強い体が手に入るトレーニング

横浜市都筑区東山田で日本で唯一無二のウエイトトレーニングの利点と初動負荷トレーニングをドッキングした特別トレーニングです。あなたはまだ!普通のトレーニングで、どんどん体が硬くなるのですよ!イチロー氏のトレーニングは巨人の坂本勇人選手や菅野智之選手や中日ドラゴンズの大島選手も取り入れています。DSC_0643.JPG