2020/12/03 08:33

医薬品登録販売者とは?

1155_images_15552993791.jpg

 

コラム
2020/01/21

【2020年最新版】登録販売者とは?資格の取り方・給料・試験内容・合格率などについて調査しました!

2009年に誕生した登録販売者とは?その仕事内容や資格の取得方法・国家資格なのか・給料・活躍の場・薬剤師との違い・試験内容などについてご紹介します。
登録販売者画像

1.登録販売者とは

登録販売者とは、2009年の改正薬事法により新設された公的資格です。

それまで、医薬品を販売できるのは薬剤師か薬種商という資格者のみでしたが、新たに医薬品を販売できる専門職として、薬種商に替わり登録販売者が誕生しました。

薬剤師の人手不足は長い間叫ばれていましたが、登録販売者の誕生により、医薬品の調剤業務と販売業務の分業が可能となり、薬剤師の負担減少に繋がりました。また、登録販売者がいれば、コンビニやホームセンターなど、小売店での医薬品販売が可能となるため、私たちにとって医薬品がより身近なものとなりました。

登録販売者制度

■登録販売者は国家資格? 各省庁と協会の見解

登録販売者が国家資格か否かは、インターネット上でさまざまな意見が交わされています。

結論として、登録販売者の資格は「都道府県によって取り仕切られている『国に認められた公的資格』」という表現が最も誤解のない表現でしょう。

なぜこのような曖昧な表現になってしまうのかというと、そもそも「国家資格」という言葉の定義が明確に定められていないからです。

現状、どのような資格が「国家資格」であるのかが定義されていないため、「登録販売者は国家資格である」とも「国家資格ではない」とも明言することは難しいのです。

例えば、総務省の出している「国の資格制度一覧」という資料には、厚生労働省の所轄で登録販売者の記載がありますが、あくまでも「国の資格制度」としているだけで「国家資格」という表現は一切使用されていません。

そこで各省庁に「登録販売者は国家試験であるのか」と問い合わせたところ、次のような回答を得られました。

文部科学省
文部科学省が質する資格制度ではないため、登録販売者が国家資格かどうかは把握していない。厚生労働省のほうが詳しく案内してくれるのではないか。


厚生労働省
現状「国家資格」という言葉の定義がなく、「この資格は国家資格ですよ」とご案内することができない。よって、登録販売者が国家資格かどうかを明言することもできない


日本医薬品登録販売者協会
定義が決まっていないため、何をもって「国家資格」とするかだと思う。「国が認める資格=国家資格」とするならば、登録販売者という言葉は法律にも出てくるし、総務省の「国の資格制度一覧」にも記載されている。なので「国家資格」という認識をもっても問題ないと考えている


非常に曖昧な回答が多いですが、登録販売者協会の回答にあるように、「国に認められた公的資格」であることは間違いありません。

2.登録販売者の仕事内容は?

登録販売者の仕事内容は、医薬品の販売が主です。医薬品と言っても、そのすべてを販売可能なわけではなく「第二類医薬品」と「第三類医薬品」に分類されているもののみが、販売可能な範囲となっています。また医薬品の販売以外にも、お客様への薬に関する適切なアドバイスであったり、副作用や効能の説明であったりも重要な業務として含まれています。適切な医薬品の販売や相談対応のためにも、幅広い医薬品の知識が必要とされるお仕事です。

以上です。

しかしながら!当院長は「医薬品」は99%否定です。否定する為に数年前に資格を取得しました。基本的には全ての「薬物」には主作用=副作用があります。勉強しないとわかりませんが!薬理作用といいます。

「え~風邪薬を処方してもらい治りましたよ!」

院長から1言「風邪を薬物療法で治したらノーベル賞もらえますよ!」

風邪は「薬物」では治りません!「自己治癒」以外治せません!コレが基本中の基礎です!

では何故「薬物療法」が全世界で存在するか?

「お金💰」が手に入りますから!

全て製薬会社と病院と厚生省の利権絡みです。この構図に気が付かないあなたは恐らくは将来は病気まみれの体になるでしょう!

 

薬物は基本的には石油系です!知らないみたいですね!皆さん

 

漢方薬も石油由来のモノが大抵です。本物の漢方とは煎じて飲用するモノです!

米国では毎年何万人の方が医薬品による主作用で医源病で亡くなっています。

 

たかが風邪薬で亡くなっている方も多数います。「スティーブンス・ジョンソン症候群」などはその例です。

たかが風邪薬で死亡しているのですよ!

まだ理解できない人は「無視」します。

当院長は医薬品を1%は信用しています。

緊急時には非常に役立つからです!

緊急時とは瀕死状態のときは例えば「ステロイド系」は非常に役立つ場合があります。瀕死の肺炎の患者さんも生き返ります。

「瀕死状態」が条件であり、例えばあなたの子供が40℃の熱があり、小児科で「薬物療法」をしたならば!あなたは子供を石油を体内にいれる事にもなるのです!

而もその症状が悪化する場合も多々あります!「サイトスカインストーム」です。

感染症にかかると、発熱やだるさ、筋肉痛などが起こる。これはサイトカインが働き、病原体と戦っている証拠だ。

 ところが、何らかの理由(薬物など)サイトカインが増えすぎると、免疫の働きが暴走する。これが嵐(ストーム)のように急速に起こる状態が、サイトカインストームだ。

 免疫が暴走しないように体内には複雑な仕組みが備わっている。だが、ひとたびサイトカインストームが起こると制御できなくなり、暴走した免疫が、感染した細胞だけでなく、正常な細胞も傷つけてしまう。

メチシリン耐性球菌=院内感染も同じような事です。

「無知」という言葉はあなたが通称「専門家」という言葉を信じて疑わない!それこそ「洗脳」された社会による影響を常に受けているのです!

原発事故は心配ない!放射能は怖くない!

福島県で急速に甲状腺疾患が増加しています。奇形児や障害児も増加しています。ご存知ですか?

石油がなくとも「フリーエネルギー」で全世界が生活できます!

「え~信じられない!」

では何故?そうならないか?あなたは考えた事もないでしょう!

ソレはやはり石油利権絡みがあり、つまりはこの世の全てに利権絡み=「金💰」が全てなのです!

これからも、この構図は変わりません!

「無知」「知らなかった」「専門家に任せる!」

あなたは「考える!疑う!知ろうとする!」この3つを常に意識すれば、大分変わります。勿論私自身も常に物事に対してこの思考を忘れないように努力しています。

医薬品=健康になる!治る!

ゆめゆめ忘れてはなりません!

自己で起きた「病」は自己の自然治癒で治すべきなのです!薬物療法ではあらゆる「病」は治りません!

その症状が抑えられているだけに過ぎないのです!ゆめゆめ忘れないで下さい!