2021/01/06 10:43

ストレッチと筋トレを合わせた=柔ロコモ・リハビリトレーニング

DSC_1101~2.JPG

脂肪を燃やす効果はないけど、ボディメイクにはストレッチが有効、そして脂肪燃焼効果はレジスタンス運動(筋トレ)

お腹とお尻のストレッチでメリハリボディになる!

レジスタンス運動とは

 筋力は一定の負荷をかけることによって維持・向上します。筋に負荷をかけたトレーニングのことをレジスタンス(Resistance:抵抗)運動といいます。筋力トレーニング=レジスタンス運動と考えても良いでしょう。レジスタンス運動は自分の体重やチューブ、ダンベル、バーベルなど負荷のかけ方によって行い方が変わるため、種類は多岐に渡ります。

レジスタンス運動の目的

 レジスタンス運動は主に筋力を向上させることを目的に行われます。さらに負荷や頻度、回数を調整することで筋力だけでなく、筋持久力、筋パワーを向上させることができます。筋力を高めることで、次の効果があります。

筋力を高める効果

  • 日常生活がより楽に行えるようになること(階段の昇降や買い物袋の持ち運びなど)
  • 慢性疾患を予防、改善すること(骨粗鬆症、2型糖尿病、肥満など)

 そのため筋力トレーニングは若者が行うイメージがありますが、その重要性はむしろ加齢とともに増加するといえます1)

レジスタンス運動の効果

 レジスタンス運動を始めたばかりの初期では、神経系の機能が向上することでより多くの筋線維が動員されるようになります。その後、筋線維が太く強くなっていきます。レジスタンス運動を行うことで筋力、筋持久力、筋パワーが向上し、同時に運動の種類によっては関節可動域(柔軟性)、バランス能力の向上も期待できます。そのため日常生活では転倒や障害の予防、スポーツの場面ではパフォーマンスの向上など、目的に応じて適切に行うことで多くの効果を得ることができます。

レジスタンス運動の弱点は奥が深くて、難しいのです!バーベルトレーニングなんかは特に!マシントレーニングも同じく、そして一番難しいところはバーベルもマシントレーニングもその行う「フォーム」です。

このフォームが間違えば!身体に余計な負担がかかり故障していくのです!これに気が付かない人が99%なので、アスリートも故障していきます。一般人の方も毎日スポーツクラブなどで筋トレしますが!実は間違ったフォームでトレーニングしている場合があります。

横浜市都筑区東山田で唯一無二の体が柔らかくなる!体質改善出来る!イジメを克服出来るトレーニングジム

柔ロコモトレーニングジムは自力本願型リハビリ施設院です。自分自身が頑張れば報われるのですよ!

まな板の上の鯉の治療や施術では自分自身の体の機能は3年、5年、10年経った時、筋力も柔軟性も運動神経も衰えています。体重は残念ながら増加していますが!

そして治療院や施術院に通院した治療費は年数を増すごとに、増えていきます。つまり、あなたの身体の質は上がらないばかりか悪くなっていきます。何故?単に治療や施術ではあなたの体の筋力、柔軟性、体力は永遠に増えていかないで、寧ろ衰えていくのだから!

それでも構わない!癒やしを求める方はそれはそれでも良いでしょう…何故治療や施術を長年しているのに年数を重ねる度に治療院や施術院に行く回数が増えていて、だんだん効かなくなっているのか?不満が募るのか!「金がかかって!ちっとも治らない」って台詞が口癖になる!もう手遅れかもしれません!

あなたが単にその治療院や施術院をコロコロと変えるだけの発想しかないのだから!「ヤブ医者」としか発想がないのである!

当院施設院は自己努力型のリハビリ施設院です!やればやるほど身体の調子が良くなってきます!

もう何百人ものクライアントを診てきました。そのクライアント様の台詞は「あ~若い時(動ける時)からもっと自分自身を大事にすれば良かった!」っと!

注意点があるとすれば、安易な「薬物療法」や「間違ったスポーツ動作」をしていれば!柔ロコモ・リハビリ・トレーニングをしていてもあなたの体は故障していきますよっ!て事です。