インフォメーション

2021-03-25 09:35:00

ヤフーニュース〜抜粋 3月25日

ジャンクフードで超肥満になったサル 「このままでは命が危ない」(タイ)

 
Yahoo! JAPAN
太りすぎて座っているのも苦しそうなサル(画像は『LADbible 2021年3月23日付「Monkey Is Severely Obese After Being Fed Junk Food By People In Market」(Credit: Viral Press)』のスクリーンショット)

「ゴジラは小さい頃から、屋台にやって来る人たちに餌をもらってきました。そのため野生のサルのように自分で餌を探すことができません。毎朝運動はさせているものの体重は一向に減らず、そのうち体重をコントロールすることができなくなってしまったのです。」

そんなゴジラの屋台での様子は動画に捉えられており、お気に入りの男性にマッサージをしてもらったり、与えられた水のボトルをかじったりしているのが見て取れる。ただゴジラの身体は紐で繋がれ、動くことができる範囲は限られている。また三段腹が邪魔になり、座っているだけでも苦しそうだ。

マノップさんによると、甘やかされて育ったゴジラは好き嫌いがはっきりしているそうで、こんなエピソードを明かした。

「ゴジラは知らない人に身体を触られるのを嫌がります。そして『自分が嫌だ』と思った人に対してはかなり狂暴になるのです。たくさんの人が餌をあげようとやってきますが、ゴジラは気にいった人からもらった物しか食べません。嫌いな人には怒り出し、手に負えなくなってしまうのです。」

どうやらゴジラはジャンクフードを好きな時に好きなだけ食べ、やりたい放題の様子だ。しかしこのニュースには、

「これは人間が作ってしまったモンスター。サルがかわいそう。」
「喜んでいるのは人間だけ。」
「今からでも違う場所で保護してやることはできないのか? 甘やかすことは決してサルのためにならない。」
「サルの表情が険しくてちっとも幸せそうではない。」
「これでは早く死んでしまうね。」

などと人間を非難する声が圧倒的に多かった。

実はタイで2017年、「太っちょおじさん(Uncle Fatty)」と呼ばれて親しまれてきた体重約26キロのサルが話題になった。このサルは10~15歳で、人間が与えたジャンクフードでメタボになりダイエットに励んでいた。ただ2019年6月を最後に目撃されておらず、すでに亡くなった可能性が高いという。

画像は『LADbible 2021年3月23日付「Monkey Is Severely Obese After Being Fed Junk Food By People In Market」(Credit: Viral Press)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

以上である!

肥満=基礎代謝よりも食べるカロリーが高いから肥るだけの事

基礎代謝=活動量

活動量=動かす量

動かす量=日常生活動作

日常生活動作=立ったり座ったり、つまりは動く動作全て、内臓も同じく毎日働いている!現代贅沢人間は内臓機能も休まさずに食っているので!内臓脂肪も溜まるお腹ポッコリは代表各、車や電動自転車や便利なモノにハマり!どんどん肥る人間当然因果応報となり肥満病になる!

人間だけが1日基本的には3食、食べるらしいので!

人間だけが他の自然生物よりも個体のちくばくな事といったら他ない!野生動物のやけに肥ったチーターなんかいません!

食うモノも超不自然である!

 

 


2021-03-16 18:49:00

itiro.jpg

お願いしますね!

身体が痛い!凝る!張る!関節が!アレルギーが!

花粉症が!

小さな事を繰り返す事を!

身体にとっても良い事をしてください!

薬物療法や癒やしマッサージで治癒しませんぜ!

身体にとっても良い事を!小さな事を繰り返す事をしましょうか!

お願いしますね

努力をしない者が治る事は不可能であり!

運動能力を上げる事も足元から変えていかないと絶対にパフォーマンスは上がりません!

怪我をします!

イチロー氏信奉者の私はイチロー氏のトレーニングと

横浜市都筑区東山田で唯一無二の体質改善をする

柔ロコモ・リハビリトレーニングを推奨します!

どんな症状も柔ロコモトレーニングをやります。

拒否する方はお断りしますね😁 

努力しない「まな板の魚」の施術ではあなたの症状は一生治癒しませんよ!

身体の歪みを取る

柔ロコモトレーニングをしましょう!

沢山の奇跡の結果が出ていますよ!

 DSC_1189~2.JPG

 


2021-03-05 08:42:00

海外地震〕ニュージーランド・ケルマディック諸島でM8.1(3/5)

3/5(金) 5:20 Yahoo!ニュース 1029

米国地質調査所(USGS)によると、日本時間3月5日04:28頃ニュージーランド・ケルマディック諸島を震源とするM8.1の地震が発生しました。この地震により、津波警報センターは周辺の海域に津波警報を発表しています。【3月5日05:20現在、レスキューナウまとめ】

 

【発生事象】(USGS)

震源地:ニュージーランド・ケルマディック諸島付近(南緯29.7度 西経177.2度)

発生日時(日本時間):3月5日04:28頃

震源の深さ:10km

地震の規模:M8.1

 

ニュージーランドの地震と日本の地震の連動は太平洋プレートの関係です。

「ニュージーランド地震の法則」とは、ニュージーランド周辺で大きな地震が起きると、連動して日本にも大地震が発生するという法則のことだ。(もちろんバヌアツの法則のパクリだ!)

もっとも有名なニュージーランド地震の法則が当てはまったケースと言えば、やはり東日本大震災だろう。

2011年3月11日の東日本大震災発生の3週間ほど前、2月22日にニュージーランドでM6.1の大きな地震が発生した。

この地震は発生した都市名からクライストチャーチ地震と呼ばれ、地元の日本人も被災したし、日本からも災害救助隊が派遣された。

クライストチャーチ地震のあと、連動するように東日本大震災が発生!

ニュースでニュージーランドの倒壊した建物を対岸の火事のように見ていた日本人が、さらに凄まじい災害に見舞われることになった。

ニュージーランドもバヌアツも日本も大地震が起きる地域だけど、その原因は大陸プレートのひずみと考えられている。(プレートテクニクス理論)

つまり地震発生のメカニズムが同じ。

日本もニュージーランドも太平洋プレートの境目に位置している地域であり、地震の発生にもある程度の連動性があると考えられている

では、過去の地震から「ニュージーランド地震の法則」

以上です。

警戒してください。決して煽ってはいません!


2021-02-10 00:16:00

ヤフーニュース〜抜粋

テレワークで歩数減 運動不足で「転倒」「骨折」しやすくなるのは本当?

  • この記事についてツイート
  • この記事についてFacebookでシェア
  • この記事についてLINEで送る

配信

オトナンサー
テレワークで歩数減 運動不足で「転倒」「骨折」しやすくなるのは本当?

ステイホームが骨折リスクに?

手遅れにならない為に!

 

刺激不足で骨密度低下


2021-01-14 09:15:00

新年を迎えて間もない1月4日午後7時頃、いたましい事故は起きた。

 場所は東京・渋谷区の笹塚駅近く。1人の女性を乗せて甲州街道を走っていたタクシーが、横断歩道を渡っていた歩行者らを次々にはね飛ばした。事故を起こしたタクシーは被害者の1人をボンネットに乗せたままおよそ200メートル走り続け、はねられた49歳の女性が死亡。9歳の小学生男児を含む5人が重軽傷を負う大惨劇となった。

【画像】男性が勤務していたタクシー会社

意識が朦朧として蛇行や加減速

 タクシーのフロントガラスは大きくひび割れ、ボンネットも衝撃で大破。事故現場となった横断歩道には、歩行者のものとみられる脱げた靴や血痕などが残されていた。ハンドルを握っていたのは都内在住の73歳男性で、タクシードライバー歴30年を超えるベテラン運転手だった。

事故を起こした運転手は、「自宅のローン返済に追われていた」という。

「ローンが終わったら地元で妻と……」

「彼の出身は九州ですが、自宅は東京ではなく、関東近郊。奥さんをその自宅に残して、東京での単身赴任はもう30年くらいになる。3人の子供を育てながら、40代で地元に念願のマイホームを建てた。奥さんは専業主婦で、彼は毎月の給料から生活費を仕送りしながらローンの返済をしていた。たまに飲むビールが好物で、唯一の贅沢だったと思う。

 数年前に義母が倒れた時は、地元に戻って土木建築の仕事をしていたと聞きました。とはいえ、土建の仕事は重労働で高齢の身には辛かったようで、義母が亡くなった後に東京へ戻り、以前勤めていたタクシー会社でまた働くようになりました。『地元でタクシーの運転手をしても稼ぎにならない。東京の方が稼げるし、道にも慣れていて自分に合っているから戻ってきた。ローンがもうすぐ終わるからそれまでは東京で働いて、ローンが終わったら地元で妻とゆっくり暮らすのが夢なんだ』と言っていました」(同前)

「お正月は働いて、地元へ帰るんだ」

 だが、マイホームのローン完済目前で起きた事故。年末に運転手の男性と言葉を交わしたという別の同僚が語る。

「昨年、奥さんの体調が悪くなり、入退院を繰り返していたそうです。子供たちも独立して離れて暮らしているので、彼はとても心配していて、良さそうな薬や食べ物を見つけては送ったりしていました。長い間、東京と地元を行ったり来たりしてましたが、昨年は奥さんのことやコロナ禍で仕事が減ったこともあって数カ月は地元に戻っていました。東京へ戻ってきたのが11月頃で、『お正月は働いて、1月10日くらいに地元へ帰るんだ』と。ただ奥さんは昨年暮れに退院したけどその後の経過がよくなくて、すぐに再入院しています。ローンや生活費に加えて病院代も稼がないといけないと、無理をしてしまったのかもしれない」

「回復の見込みはほぼないと言われています」

 事故から数日後、東京から遠く離れたタクシー運転手の自宅を訪ねた。病気の兆候はなかったのかと聞くと、息子が神妙な面持ちで「申し訳ないです。謝っても謝りきれません」と、何度も繰り返した。

「申し訳ないで済まないのは、わかっています。謝って済む問題ではないのもわかっています。亡くなられた方やケガをされた方に申し訳ないという気持ちしか私たちにはないです。父親の代わりにすみませんでしたとしか、それしか言えません。本当に申し訳ないです。謝っても謝り切れないです……。

 病気の兆候はありませんでした。事故前にくも膜下出血が起きて意識がなくなったというのが病院の先生の見解で、それ以上は私たちもわからないです。事故後に病院へ行きましたが、まだ意識も戻っておらず、本人は何も考えられる状態ではないです。病院の先生からは、回復の見込みはほぼないと言われています。年齢的にも、どんなにうまくいっても植物状態を免れるのが精一杯ではないかという見立てです。今は集中治療室に入っています。

 本人はもしかしたら具合が悪かったり症状があったのかもしれませんが、私たちは何も聞かされていませんでした。傍目にもずっと元気にしていたので……。事故の被害者の方々らに今すぐに謝りに行けるのなら、すぐにでも行きたいんですが、どうしていいかがわからない。本当にこれからどうしていけばいいのか」

 73歳という年齢は確かに若くはないが、タクシードライバーを含めてまだ多くの人が働いている年齢でもある。ローンを抱え生活のために働く必要があったとすればなおさらだ。健康診断も受けていた運転手男性に、この惨事を回避する方法はあったのか。まずは運転手の容体が回復して、事故の詳細が明らかになるのを待つしかない。

以上である!

赤い文字に注目です!事件を起こしてしまったタクシードライバーの生活習慣です。タクシードライバーは1日中座る仕事です!つまりは運動不足が顕著に出ます。若い40歳台の時には、まさかこんな事件を起こすとは考えられなかったでしょう。若い時分には!

99%の方がこの意識です。生活習慣を日頃から見直していれば、クモ膜下出血を予防できたかもしれません!ビールを喰らい運動もせずに!ローンストレスを抱え込んで体と精神は歪んでいきます。

「今が良ければ良い!まさか自分が病気になるとは!」99%の方がこんな意識です。

病院に行き無駄な検査をして、無駄な薬を飲んで、無駄な医療費を使う医療洗脳された日本人は薬大国№1です。医薬品を資格を有する私から言わせてもらえれば、薬では慢性疾患は治癒しませんよ!逆に飲めば飲む程悪化して病名が増えて、製薬会社や病院に寄付しているのですよ!それでもよいならば!まぁ人間基本的には楽したいからどうぞご勝手に😁

薬よりも「心技体」です!

珍コロナ恐怖症😱の過剰メディア📺よりも日頃の食事や運動や精神のあり方を修練し継続する事です!

あなたは目先の事だけの人生を歩んでませんか?

ただ歩けばよい!走ればよい!動かせばよい!スポーツクラブに行けばよい!そのような安易な思考も🙅駄目ですよ!

歩く、走る姿勢、歩く靴選び、歩幅、鍛える場所、やり方、曜日、呼吸、食べる物、飲む物、医療機関の使い分け、整体院などの選択考える事、学ぶ事、知る事、人生に於いて最も駄目🙅な事は「常識に囚われる事」「メディアを信じて疑わない事」「無知な事」です!

あなたはまだ目先の人生の事しか考えませんか?

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...